よくある質問集

2013年4月15日 月曜日

交通事故の損害賠償の請求はいつまでできるのか?②

JR共和駅前のわかば接骨院です。むち打ちなどのけがで共和・大高・有松などから来院されます。

では、今回のテーマは前回の続きで『交通事故の損害賠償の請求はいつまでできるのか?②』

交通事故によるけがで、長期間の治療を要した場合や、後遺症が残存した場合、時効の進行が通常とは異なります。

・長期の治療を要した場合:治癒または症状固定と診断されたときから、保険会社に対して→二年間、加害者に対して→三年間

・後遺症が残存した場合:症状固定後、後遺症残存が決まった日から、保険会社に対して→二年間、加害者に対して→三年間

保険会社に対する損害賠償請求権が時効により消滅しても、加害者に対する損害賠償請求権が時効になっていない限り、加害者に対しては損害賠償請求が可能です。この場合、基本的には加害者の任意保険会社と示談交渉することになり、示談が成立すると保険金が支払われます。

では、次回がシリーズ最後となります!

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ