よくある質問集

2013年5月 4日 土曜日

休業損害って?②(自賠責基準)

GWも終盤に差し掛かりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今日の私は溜まった書類の整理に追われています(笑)

大府市共和駅東口スグ!
整形外科や法律事務所と連携し、緑区(有松・大高)から多く来院されます。

早速ですが、今回のテーマは『休業損害って?②(自賠責基準)』で、前回の続きです。

休業損害は一日当たりの損害額×休業日数で算定されます。
※実休業日数を基準として算定

・認定される休業日数は原則、実治療日数とされます。

・骨折などによるギプス装着期間については、実治療日数と同様の扱いとなります。
しかし実情は、全治3週間を要する傷害で、その間の通院が7日しかなかった場合、その他に5日の休業日があったとして保険会社は7日分の休業損害しか認めようとしていません。
しかし、医師の指示の下で自宅療養していた場合は、この限りではありません。
尚、被害者側で身体がキツイからといったような漫然とした理由で休業した場合は、休業損害として認められませんので要注意です。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ