よくある質問集

2013年5月23日 木曜日

むち打ち症の後遺障害って?

昨日のことです!
大府市共和駅前のわかば接骨院は今シーズン初めてクーラーを使いました!
実はこのクーラーですが、ずっと心配だったことがあったのですが、昨日の使った感じ全く問題なし!ほんっっっと良かったです。それについてはまたアメブロで書きます!
やっぱり涼し~ですね(笑)


さてさて、前ふりが長くなってしまいましたが...今日のテーマは『むち打ち症の後遺障害って?』です。

むち打ち症の後遺障害は、以下のどれかに該当します。

・第7級4号:神経系の機能または精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの。

・第9級10号:神経系の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に限定されるもの。

・第12級13号:局部に頑固な神経症状を残すもの。

・第14級9号:局部に神経症状を残すもの。

これらのうち、第7級4号及び第9級10号に於いては、むち打ち症の中でも、交通事故による衝撃が重度で、明らかな他覚的所見を認める場合に限ります。
一般的なむち打ち症では第12級13号または第14級9号となります。

また任意保険に於けるむち打ち症の逸失利益の認定期間は次の様になります。
・第7級4号:7年〜10年
・第9級10号:5年〜6年
・第12級13号:3年〜4年
・第14級9号:1年〜2年

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。



投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ