よくある質問集

2014年1月31日 金曜日

休業損害って?④ 交通事故で病院や整形外科をお探しなら大府市の当院へ

東海市でむちうち治療の病院や整形外科をお探しなら、大府市のわかば接骨院へ

『休業損害って?④』

交通事故の休業損害シリーズのラストは弁護士会基準です。

弁護士会基準は判例を根拠とした損害額が算出されています。自賠責基準や任意保険基準と比べても最も高額に算定されます。

・仕事をしている場合
給与所得者の場合は、交通事故前の3ヶ月間の収入をベースとして、怪我により休業した日数分の収入が損害として認められます。
事業所得者の場合は、現実的に収入が減少している場合に損害として認められます。自営業者や自由業者の休業中の固定費の支出も損害として認められます。原則的に前年度の実収入をベースに算出されます。

・家事従事者の場合
賃金センサスを根拠とし、けがのため家事労働に従事することができなかった期間が認められます。パートタイマーや内職などを行っている兼業主婦に関しては、現実の収入額と賃金センサスのいずれかの高い方を基準として算出されます。

・仕事をしていない場合
失業している方は、労働能力や労働意欲がある場合は、前職の収入や賃金センサスによる算出額を認めるケースが多くなっています。
学生の場合は就職が内定しているケースでは就職すれば得られたはずの給与額と賃金センサスを比較し、高い方を採用します。

交通事故にあって負傷した時は、早急に信頼できる専門医に相談しましょう。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ