よくある質問集

2014年9月 6日 土曜日

むちうち症の判例 大府市のむちうち症状の治療は当院へ

大府市のむちうち症状は当院へ

『むち打ち症に最高裁の判例』

交通事故による怪我を負ってしまったというを経験によって様々な精神的苦痛が、患者の性格、家庭的、社会的、経済的条件、医師の発言などによって治癒までの道のりに影響を及します。
交通事故や労働災害事故などに不幸にもあってしまった時や、その責任が第三者にあって、損害賠償の請求する権利が有するときには、加害者の対応にも不満が積もり、それが原因となって症状をますます複雑にして治療が遷延するケースも多くなりえます。
衝撃の程度が軽度であり、損傷がむちうち症などの頚部軟部組織(筋肉、靭帯、自立神経など)にとどまっている場合は入院安静を要するとしても長期間にわたる必要はあまりありません。
その後に多少の自覚症状が存在しても日常生活に復帰した際に適切な治療を施せば、ほとんどが1ヵ月以内、長くとも2、3ヵ月以内には通常の生活に戻れるのが一般的であるとされています。

交通事故専門サイト
http://www.obu-jiko.com/

投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ