よくある質問集

2015年1月27日 火曜日

特殊な賠償責任を負うケース 東海市の交通事故治療は当院へ

東海市の交通事故治療は当院へ



運転者以外の加害車両で人が賠償責任を負う特殊なケースとして、死亡した加害者の相続人が相続を行い、加害者が未成年である場合などがあげられます。

・特殊な賠償責任を負う事案

死亡した加害者に相続人がいる場合
加害者の財産を相続人が相続すると、損害賠償責任もまとめて相続することになり、相続人が複数いる場合は、相続割合に応じた損害賠償請求を相続人ごとに行われる。

未成年が加害車両の運転者であった場合
①責任能力がある場合→本人が法的判断ができると認められた場合は責任を負う。現実には親権者が道義的な意味合いにより本人とともに賠償責任を負うのが多い。
②責任能力がない場合→本人が法的判断ができないとされた場合には、親や後見人(法定監督者)、学校長など(代理監督者)が賠償責任を負う。

投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ