よくある質問集

2015年1月31日 土曜日

時効消滅による請求権に注意 大府市の交通事故治療は当院へ

大府市の交通事故治療は当院へ

交通事故により損害賠償の請求権が発生し、損害賠償請求権の時効に注意する必要があり、一定の期間が過ぎ時効が成立してしまいますと、請求権を失い賠償をうけることができません。

たとえ交通事故の被害者になり、損害賠償を請求する権利があったとしても、そのまま放っておくと時効になります。
請求する権利が失われてしまいます。

【中断方法と時効の期間】
民法第709条に基づく損害賠償請求権の時効期間
・被害者が損害のあった事実と、加害者の両方を知ったときからの3年間
・事故後20年間、加害者不明の場合

自賠法に基づく損害賠償請求権の時効期間
・事故のとき(事故翌日)から2年間。しかし死亡事故の場合は死亡日から2年間、後遺障害事故の場合は症状固定時から2年間。

時効の中断方法
・加害者に対し単なる催告だけでは時効は中断されないが、配達証明付の内容証明郵便で損害賠償請求を加害者に送り、請求書到着日から6ヵ月以内に裁判を起こすと時効を中断することができる。
・保険会社に時効中断申請書を提出、債務の承認が行われば2年間時効は延びる。
・加害者が被害者に損害を賠償する旨を書面に差し入れたり、損害賠償金の一部を支払ったりた場合、債務を承認されたと考えられ、時効は中断される。

投稿者 わかば接骨院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ