わかば接骨院通信

2015年4月15日 水曜日

交通事故による腰痛はここが要注意 大府、東海市近郊のわかば接骨院

交通事故後に発症する腰痛の種類

交通事故後に発症する腰痛は、追突事故後に発症する場合が多いと言われています。これは急性腰痛症といい、一般にぎっくり腰と呼ばれているものです。他に交通事故後に発症しやすい腰痛の原因の一つに椎間板ヘルニアがあります。椎間板ヘルニアが発症する主な要因は、事故で外部から強い刺激があった際、椎間板が歪んでしまうことです。どちらも治療方法は同じようなものになります。

交通事故による腰痛の原因

交通事故による腰痛は、普通の腰痛とは大きく異なります。なぜならそれは事故によって起こった外傷性の疾患だからです。体の使い方や姿勢などが原因となったものとは違って、交通事故によって強い衝撃が加わっていますので、より大きく深刻なダメージを体の内部に与えています。具体的には、腰を形成する骨盤や背骨のズレを引き起こし、強い炎症症状をも引き起こします。背骨のズレに関しては、だるま落としの原理で、一部に強い衝撃が走ると、その上下の部分にもズレを生じさせてしまいます。骨盤のズレもそこだけではなく周りにも影響していきます。また筋肉や靭帯にも大きな影響があります。そこから大きな腰痛につながることもあります。

根本治療が大切

治療方法も、単なる普通の腰痛とは異なってきます。このような場合、単なる痛みをほぐすマッサージ治療を施しても効果はあまりありませんし、根本治療につながりません。なぜなら骨盤や背骨のズレという大きな根本原因があるからです。その場合の治療は、単に痛み止めの薬・湿布・筋肉マッサージなどでは解決しない部分があります。大切なことは、衝撃によって起きた骨盤や背骨のズレを矯正していくことです。必要なときには鍼(はり)治療を施して深い層の筋肉をほぐしたりもします。
わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。詳細はコチラをご覧ください。

鍼(はり)治療とは 

交通事故の場合、筋肉もより深い部分が損傷を受けています。そのため深部に治療が可能な鍼治療も有効になってきます。鍼治療は、交通事故の腰痛でもかなりの幅広い症状に対応できます。指では届かない深い部分にアプローチすることによって、患者さんの自己治癒能力を引き出します。思っていたよりは鍼も細く痛くないと感じる方が多いようです。また深部に届いた「ズーン」という感覚もあります。それも心地よいと感じる方も多いようです。またツボを効果的に刺激することができるのも効能のひとつです。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ