わかば接骨院通信

2015年4月22日 水曜日

交通事故で捻挫をしたときに 大府市のわかば接骨院

捻挫とは

捻挫とは文字通り体の各所にある関節を「捻り挫く(ねじりくじく)」ことで起こります。交通事故による衝撃や関節のねじれ、転倒などが原因になります。関節を包んでいる袋である関節包やじん帯、滑膜が大きくねじれたり、 部分的に断裂してしまう症状です。患部が大きく腫れ、内出血が生じます。患部の痛みや腫れのほかに関節が不安定になる、体重がのせられないなどの症状を伴います。ひどい場合には、骨折や靱帯断裂の可能性もあります。

捻挫した時には

交通事故で捻挫した時にはどうしたらよいでしょうか。まず、冷やしましょう。体を安静に保ち氷のうなどで冷やします。これは内出血をできるだけ抑えるためです。次にできれば患部を圧迫して包帯や三角巾などで固定し、病院や接骨院に行きましょう。まずは骨折の可能性があるかもしれないので整形外科でレントゲンを撮ってもらうのが良いでしょう。その後は、交通事故治療やテーピング、ギブス固定などに得意な接骨院も多いですから、手厚くケアしてくれる接骨院を選んで通うのもいいでしょう。わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。詳細はコチラをご覧ください。

捻挫の治療(症状が軽い場合)

症状の軽い捻挫の治療方法ですが、最初の3日~7日程度は冷やします。通常であればすぐに傷は治ってきます。ですが腫れはまだ残った状態です。次に状態が良くなったら温めます。また、電気治療を並行して行う場合も多いです。患者さんと患部の状態を確認しながら治療を進めますが、徐々にマッサージや整体の治療ができるようになってきます。捻挫した場所が安定するように整体治療を行っていきます。治ってきますと、患部がどんどん硬くなっていきます。頃合いを見て、この硬さをとる治療を行っていきます。

捻挫の治療(症状が重い場合)
交通事故では捻挫の症状が重い場合、前述したように骨折の可能性があるのでかならずレントゲン施設のあるところでレントゲンを撮ってもらいます。骨折の有無を確認したら、基本的な治療は保存療法となります。保存療法とは、患部をギブスや包帯、副木などで固定して治療する方法です。数週間のギブス固定は必要になってきます。このときに動かないようしっかりと固定することが大事です。そうでないと治りが悪くなります。固定が外れた後の治療は症状が軽い場合とほぼ同じになってきますが、違いは硬さを取るマッサージをしっかりする、リハビリや運動療法をしっかりするなどです。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ