わかば接骨院通信

2015年5月22日 金曜日

交通事故で捻挫をしたときの対処法 大府市のわかば接骨院

交通事故の捻挫はどんな時に起こるのか

捻挫は、足首や手首など体の関節部分をひねったり挫いたりすることで起こります。このとき、骨と骨のつなぎめをしている関節部分に傷がつきます。これは運動許容範囲を超えた時に起こります。
交通事故による強い衝撃によって私たちの関節や靭帯、腱、軟骨などが運動許容範囲を超えた動きをしてしまい捻挫という症状が出てしまいます。捻挫は擦り傷などと違い体の中で内出血を伴ったりする疾病なので、体内で何が起こっているのかわかりにくいのが難点の一つです。ただ内出血をした部分は腫れてきたりします。ひどい場合には、骨折や靱帯断裂の可能性があります。捻挫は程度に分けて3段階に分類されます。

1度・・・痛みも腫れも軽く、靱帯が一時的に伸びている程度。
2度・・・靱帯の一部が切れている状態。
3度・・・靱帯が完全に切れていて(靱帯断裂)、関節が不安定な状態。

それぞれに応じて病院かセルフケアかを選択します。

捻挫になったらどうすればいいのか

靭帯が傷つくほどでない場合は、セルフケアで十分に治療が可能です。怪我をした直後から3日ほどの期間の応急措置と、3~9日ほどの期間の慢性期の処置と変わってきますので注意してください。
応急措置では、RICE処置を施しましょう。これは休息・冷却・圧迫・挙上をさすもので、応急措置の基本と言われています。この中でも大事なのは冷却で、早急なアイシングを行うことで患部の腫れを抑えることが出来ます。
時間が経った慢性期では、炎症は治まり腫れや痛みも落ち着いた状態になります。この段階では今度は患部を温めます。温めると血管が広がり血液の循環がよくなるため、痛みや腫れが早く引きやすくなります。温感湿布やお風呂などを有効に使います。
以上が症状が軽い場合でのセルフケアですが、「医療機関に行かなければならないとき」というのもあります。それはいったいどういうときでしょうか。たとえば、
・患部が大きく腫れ、歩けないほど痛い場合
・関節が不安定な場合(グラグラしている等)
・1~2週間、安静にしてセルフケアを続けたが痛みが引かない場合
などです。骨折などを伴っている場合があります。交通事故でこのような症状があらわれた場合は医療機関を受診しましょう。

捻挫の予防法

捻挫にも予防法があります。運動前のウオーミングアップはよく聞くことですが、他にも最初からサポーターやテーピングで関節を守っておくことが挙げられます。
しかし交通事故などの捻挫では事前にそういった準備をすることは困難ですので、お風呂後のストレッチをして、普段から捻挫をしにくい体つくりをしていくことが大切となります。ストレッチは無理せず長く続けることを目標としましょう。

わかば接骨院では窓口負担金0円で交通事故専門士による交通事故治療が可能です。
詳細はコチラをご覧ください。



投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ