わかば接骨院通信

2015年6月 9日 火曜日

交通事故後のめまいは初期治療が大事 大府市のわかば接骨院

事故後のめまいの原因究明

交通事故後に引き起こされるめまいや頭痛などは、医療機関でレントゲンやCTなどの検査をしても、特に異常が見つからなかったり、痛みが一時的に治まったり、他に重度な痛みが生じていなかったりして、原因が特定できない場合が多々あります。
ひどい場合には、原因が特定できないからといって『精神的なものだろう』と、精神科に回されてしまうこともあります。
しかし症状がでるからには、どこかに悪い箇所があるはずです。
精神的なものであるのでしたら、内科の検査をすればストレスから胃酸が多く分泌して胃潰瘍などが生じたりすることなどで判ることもありますし、色々な診察や検査を行えば時間がかかっても、何かしらの原因が判るのではないかと思います。

初期治療が大事

さてめまいの原因として一番多くあげられているのは、むち打ちではないでしょうか。原因が特定できないからといって、放置しておいてはいけません。めまいを引き起こすむち打ちにおいて最も大事なことは、事故後のできるだけ早い時期から治療をすることなのですから。
例えば骨折した場合は、すぐに固定せず放っておくと、元通りにまっすぐくっつきません。
むち打ちも、交通事故の衝撃により骨が歪んだり、それが神経、血管を圧迫するなどして引き起こされるもので、骨折と同じことがいえます。
初期に歪んでしまった骨を固定しないと、歪んだままになってしまい、結果として神経、血管を圧迫してしまい、症状が長引いてしまうというわけです。
当院でも交通事故治療は可能です。交通事故治療の詳細をご覧ください。



投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ