わかば接骨院通信

2015年6月20日 土曜日

交通事故後の耳鳴りの原因究明と治療方法 

事故後の耳鳴りの原因究明と治療方法

事故を起こした際、それが原因で耳鳴りが起きます。事故後の後遺症として衝突時の衝撃を体内で発散出来ずに身体の緊張として残ります。この緊張を発散するため耳鳴りが起こります。事故によって起きた耳鳴りは治療に約3ヶ月を要し治療は内服薬の処方とカウンセリングが中心になります。何故カウンセリングを受けるかというと、ストレスが耳鳴りの治療に悪い影響を及ぼすので専門医と症状に関する悩みを話し改善に導くために必要になるからです。耳鳴りは耳鼻科と接骨院で診てもらいましょう。耳鼻科と接骨院を受診することで治療が速く進み身体の負担を早く取り除けることに繋がります。

事故後の耳鳴りと普段の耳鳴りの違い

事故後の耳鳴りは事故の衝撃で負った身体の異常を回復しようと自己回復機能が作用して現れるものです。日常では工場などで大きな音を聞き続けていると耳鳴りになったりします。騒音が激しい場所で長く居ると聴覚神経が活発化して余分な脳の信号を受信することで耳鳴りが起きます。ヘッドフォンで長時間音楽を聴く場合も注意が必要です。大きな音が鳴っている場所に長時間居る場合静かな場所で耳を休ませるなどをして休憩を挟むことが耳鳴り対策に有効です。耳鳴りは、他にも日常のストレスにより起きてしまうことが少なくありません。ストレスを溜めると心と身体の緊張とリラックスのバランスが上手に取れなくなり自律神経が乱れ、それが原因で聴覚の平衡感覚が乱れて耳鳴りとして現れます。それに加え不安に陥り易くなり「早く治したいのになかなか治まらない」と悩むことで常に耳鳴りへ意識が集中し悪化に繋がります。どちらにしても一人で悩むことは耳鳴りの悪化につながる可能性があります。一人で悩まず専門医と相談することが大切です。

耳鳴りの慢性化

耳鳴りの慢性化は、耳鳴りによって引き起こされるストレスを繰り返し感じることが原因で耳鳴りが悪化して起こります。耳鳴りで感じるストレスとは、音が気になり集中できないことや眠れないことなどです。こういうことなどで悪循環に陥ってしまい慢性化します。耳鳴りは身体の面より心の面の方が大きく関わっていますので、まずは何に対してストレスを感じるのかを医師に相談し早期の原因究明と治療をすることが重要です。わかば接骨院でも交通事故治療は可能です。詳細はコチラをご覧ください。






投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ