わかば接骨院通信

2015年6月16日 火曜日

交通事故後のむち打ちの原因究明、治療方法 大府市のわかば接骨院

事故後の後遺症のむち打ちの原因と治療法

むち打ちがどのように起こるかというのは、あまり詳しくは知らない方が多いのではないでしょうか。交通事故で多く起こってしまうむち打ちですが、どのように起こるかというと、運転中に不意に後ろからの衝撃が来たときに胴体が先に前へ突き出て頭部が残される状態、つまり身体がS字の様な体勢になります。追突されたりしたときの衝撃は、とても大きいのでその衝撃が身体に来た時に首に負担がかかりそれが原因で首をひどく痛めます。これが"むち打ちです"。治療方法ですが、マッサージ、電気療法、牽引で軽度のむち打ちであれば、3ヶ月を目安に回復します。むち打ちを発症している事が分かった場合レントゲンやCTで見てもらい念のため接骨院でみていただいた方がいいでしょう。

事故以外にもむち打ちになる場合も

事故以外にスキーやスノーボードなどをやっているとき転倒すると、むち打ちになる場合があります。他にもデスクワークで首の後ろに無意識に力が入り続けてしまい、疲労でなることもあります。日常的なことなので、気づかずそのままにしておくと症状が慢性化してしまう可能性があるので注意が必要です。

むち打ちになってしまった後の有効な対処方

頚椎へのダメージを今以上に悪化させないために固定具を装着してもらうことをお勧めします。温めることにより血の巡りがよくなり自然治癒力が増し回復に有効です。

交通事故治療の詳細をご覧ください。



投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ