わかば接骨院通信

2015年7月27日 月曜日

事故に遭った同乗者の治療費を補償する保険 大府市のわかば接骨院

自動車事故が起きてしまうと、自分と相手だけでなく自車の同乗者も巻き込まれることになります。
万一の時に、大切な家族や友人が満足のいく治療を受けられるよう、自動車保険(共済)の補償内容を今一度確認しましょう。

自賠責保険は適用範囲内

自賠責保険と、任意保険の対人賠償保険は、いずれも事故で他人を死傷させてしまった場合に損害賠償の支払いを補償する「賠償責任保険」ですが、「他人」の意味合いが異なります。
自賠責保険では、「運行供用者」(車の所有者および運転者)を除く全ての人が「他人」であり、他車や歩行者といった相手だけでなく、家族を含む同乗者も補償されます。
ただし例外として、自分の車を父が運転していた(父が運転者=運行供用者となっている)場合や、逆に自分が父の車を運転し、父が助手席にいた(同乗者の父が所有者=運行供用者である)ような場合は保険金が下りません。そのため、車の貸し借りはみだりにしない方が良いでしょう。

対人賠償保険は身内を補償しない

自賠責保険だけでは保険金が不足しがちなため、任意保険にも併せて加入するのがセオリーですが、対人賠償保険では運行供用者の他、その配偶者(内縁含む)や同居中の親族といった身内も「他人」と見なされず、補償の対象とはなりません。一方、義理の父母や経済的に独立した子は「他人」となります。
また、被保険者の事業に就いている使用人も対象外です。
なお、これらの身内については、同乗して事故に巻き込まれた場合だけでなく、誤って車でひいてしまった際にも対人賠償保険からは保険金が出ません。

身内を補償する保険

同乗した身内を補償する保険は以下の3つです。

・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・自損事故保険

人身傷害保険は、契約車両に乗る全ての人に対し、治療費・休業損害・逸失利益などを合算した総損害額を補償します。相手がいる事故は示談交渉に時間がかかりやすいですが、この保険では過失割合に関係なく実損払いとなり、示談成立を待つことなく補償を受けられます。
搭乗者傷害保険はけがの度合いに応じて当座の治療費を補うもので、これも過失相殺を受けません。
自損事故保険は対人賠償保険に付帯されており、今回述べてきたケースのように自賠責保険で補償されず、人身傷害保険等にも未加入であるなど、どこからも保険金が出ない事態を防げますが、保険金額が自賠責保険の半分程度というデメリットもあります。
事故後のけがの慢性化を防ぐにはスピーディな診断と治療が望ましいため、突然の医療費に困ることのないよう保険の内容を見直しておきましょう。

当院では交通事故専門士による無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。



投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ