わかば接骨院通信

2015年9月18日 金曜日

交通事故による手足のしびれ 大府市のわかば接骨院

神経根のダメージについて

交通事故に遭うと、
・首・肩・背中が重だるい
・めまいや吐き気がする
・手足がしびれてくる

このような症状が3点・4点セットでやってきます。

首や胸にはむち打ちと言う形で症状があらわれます。

腕や手には、しびれやだるさとなって発症します。

しびれの原因としては、「神経根」がダメージを受けていることが考えられます。

神経根が圧迫されることで、その神経の司る箇所に痛みを発症させます。

それが、しびれやだるさにも繋がります。

ただこの症状には個人差があり痛みを感じなかったり強烈な痛みを感じたりします。

このような症状があらわれたら、なるべく首をそらすような体勢は控えることが大事になってきます。

首を後ろにそらすことで圧迫が起き、しびれを増幅させてしまうからです。

日常でも、重いものを持ったり、高いところを見上げたり、高いものを取ったりする動作は控えるようにしましょう。

理想を言えば、絶対安静で動かさないようにするのが理想です。


筋力や握力の低下について

交通事故によって、体の筋力や握力が低下することがあります。

デスクワークをされる方は特に注意が必要です。

長時間パソコンと向き合ったり、机上でなんらかの作業をする事で首の根元に負担がおよび、これが症状を悪化させてしまうのです。

デスクワークをするときには、なるべく良い姿勢でいることをこころがけ、ストレッチをしたり、たまに立ち上がるなど工夫をしていくことが重要です。


神経根症型のむちうちと温存療法について

腕のしびれの要因の一つに、むちうちの中の「神経根症型」といわれる症状があります。

これは、交通事故で首が上下に振られるような強い衝撃を受けた時、神経根が骨と骨の間に挟まれ、圧迫を受けます。これが後にしびれを発生させてしまうのです。

この神経根症型に対する有効な治療法の一つとして、「温存療法」と呼ばれる治療法があります。

これは、安静にして、整体師による柔術整復、適度な運動、マッサージなどを駆使して患者さんの自然治癒力を高めることを目的とした治療法です。

身体にほとんど負担をかけない施術となっています。

神経や血管にそった温存療法を中心に行っていき、血行を促進することに努めていきます。

自然治癒力が高まっていくとしびれやだるさも緩和され、そして、無くなっていきます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラををご覧ください。




投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ