わかば接骨院通信

2015年9月16日 水曜日

事故をして病院で異常なしと言われたあなたへ 大府市のわかば接骨院

病院で診断されにくい痛み

交通事故に遭った時、自分自身は痛みや症状として感じているのに、病院は診断してくれないと言うことが多々あります。

たとえば頭部・首・肩・腕・腰などの痛み、頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、手足の痺れや震え、食欲不振、脱力感、不快感などです。

なぜかというと、これらの症状は病院のレントゲンやMRIなどでは診断しづらいからです。

ですから「異常なし」と診断されてしまいます。

しかしこれらの症状は慢性的に残り続け、のちに深刻な後遺症へと発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。

ちなみに強い頭痛や吐き気が確認される場合、脳脊髄液(のうせきずいえき)減少症も念頭に置いておく必要があります。

その他、事故によって起こる精神的ストレスなどによってもこれらの症状は起こりえます。


接骨院・整骨院について

交通事故直後は、大けがをしている可能性があるので病院でレントゲンやMRIを受けることはとても大切なことです。

まず病院で骨や関節、脳や脊椎に異常がないかを確認してもらうことは大切です。

その後の治療ですが、病院では理学療法を行います。それは電気や温熱、牽引、干渉波、マイクロ波などを駆使した治療で、その後は、痛み止めのブロック注射や薬、湿布などの処方薬による治療が主な内容です。

有効な治療法ですが、欠点としては、一人一人の症状に合わせた手技療法やマッサージは行えないため、前述した頭痛などの細かい痛みが慢性化してしまう可能性があることです。

そこで接骨院や整骨院の出番です。

接骨院や整骨院では東洋医学に基づく手技療法で、患者さん一人一人に合わせた施術を行うことが出来ます。

後遺症へ発展するケースが少なく、しっかりと痛みが完治するまでサポートしてくれます。

たとえばある整骨院では頭痛の原因部分を特定し、その部分のずれやゆがみを正して本来のバランスを取り戻し、周囲の骨や内臓への圧迫を取り除く治療をします。

事故直後はまず痛みの度合いに関わらず病院で精密検査を受け、その後に整骨院で症状に合わせた施術を受けることが一つの有効な手段です。


自己負担額について

一般的な交通事故治療の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので自己負担金は原則無料です。気軽に接骨院・整骨院に相談するようにしましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ