わかば接骨院通信

2015年10月19日 月曜日

事故で必要な自動車保険の知識 東海市すぐのわかば接骨院

任意保険について

交通事故に巻き込まれて被害者になった場合、基本的には怪我の治療や壊れてしまった物の修理代などは、加害者の自動車保険で補償されます。

自動車保険には、法律で加入が義務付けられている「自賠責保険」と、個人の意思で加入する「任意保険」があります。

自賠責保険は、交通事故の被害者に対する最低限の救済をおもな目的とする保険です。

そのため、補償範囲は限定的で、事故の相手方の身体に関する損害しか補償の対象となりません。

つまり、相手方の物や自分の身体・物が損害を負ったとしても、保険金は支払われません。

一般的に自動車保険と呼ばれるのは任意保険です。

任意保険とは、上記のような自賠責保険ではカバーしきれない損害を補償する保険です。


無保険車傷害保険とは

無保険車傷害保険はSAPやPAPといった任意保険のセットにも含まれている基本的な保険です。

交通事故に巻き込まれた場合、加害者の車が、任意保険に加入していない無保険車だったりすると、十分な保険金は支払われません。

加害者個人に資産がある場合は、加害者が自腹を切って補償するということになりますが、任意保険に未加入の人の多くは資産力がない場合がほとんどです。

そんな事態を想定しているのが無保険車傷害保険で、加害者から受け取るべき賠償金を立て替えてくれる保険になります。

ひき逃げのような、加害者が特定できないような事故にも対応していますが、補償される範囲は死亡または後遺症の残る重度の障害のみで、傷害に対しては補償されません。


自分の保険が使えるケース

自分も自動車に乗っている状態で、事故に巻き込まれた場合、加害者の保険と同時に、自分の保険が使えるケースがあります。

一般的なのが搭乗者傷害保険です。

受け取れる金額は大したことはありませんが、加害者側から受け取る賠償金とは別計算になるので、二重取りにはならない点が便利です。

さらに、この保険を使ったからといって、保険料更新には影響しないので、保険料も上がりません。

ちなみにこれとよく似た人身傷害補償保険も、自分の所有する車で事故に巻き込まれた場合に使えるようですが、こちらは保険会社によって契約内容にかなり違いがあるので、使えない場合があります。

どの保険会社でも、基本的なサービスメニューは同様なのですが、サービスの詳細に関しては違いがあります。

保険会社選びの際は、必要なサービスが用意されているか、チェックしましょう。賢く使えば加害者からの保険金にプラスして、自分の保険が使えるパターンもあり、自分が加入している保険の内容を知っておくと、イザと言うときに役立ちます。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。



投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ