わかば接骨院通信

2015年10月26日 月曜日

交通事故による打撲の治療 東海市近郊共和駅前のわかば接骨院

打撲とは

交通事故の際、人体の一部分を地面などに強打することによって打撲が生じます。

打撲では皮膚や皮下の結合組織にダメージを負うことが特徴の一つです。基本的には、人間の自然治癒力によって回復していくものです。

しかし、ほかの症状を併発しやすいのも打撲の怖い点の一つです。

とはいえ、しっかりした治療の実践によって回復期間を早めることが出来る障害でもあります。


打撲をしたときに注意するべき事

打撲をした際の確認ポイントは
① 内出血の有無
② 腫れの有無(大きい場合は骨折の可能性もある)
③ 呼吸動作の確認
となります。


① 内出血の有無について
比較的症状が重い打撲の場合、内出血を伴っていることがあります。

内出血が進んでいくと、徐々に目で確認できるほどの青あざがあらわれ、部位が紫色に変色しているのが確認できるときもあります。

このように目視で確認できるような内出血が発症している場合はすぐに治療を開始することが大切です。

しかし、内出血は部位によって確認しづらいケースもあり、目視で確認出来ない部分に内出血がある場合は要注意です。



内出血について

内出血は自然治癒力の働きの一つで、ぶつけた患部に急激に血液が集まってくることをいいます。
負傷した部位をすぐに直そうとする人間の自然な反応の一つですから過度な心配はいりません。

しかし大きな内出血となると話は別です。

酸素を必要とする血液が1か所に集中すると、大量の酸素が必要となり、細胞は酸欠状態に陥ります。

そして酸欠状態を起こした細胞は死滅していきます。

大きな内出血を伴った場合、多くの細胞を巻き込むため、受傷していない元気な細胞組織までも死滅していってしまうのが最大のポイントです。

元気な細胞も死滅していってしまうと、当然回復期間は長くなってしまいます。

そこでこの内出血の働きをあえて抑制するために、アイシング療法を受傷直後の初期段階(2~3日間)では行います。


腫れについて

打撲を発症後、数時間で内出血が発生し、あまりにも腫れが大きくなってしまった場合は注意が必要です。

骨折やコンパーメント障害を合併している可能性があるからです。

この場合は、整形外科で診察を受けレントゲン写真などで骨折などの疑いがないかどうかを確認することが不可欠となります。

なお、打撲の初期段階では温湿布などの暖める行為は厳禁です。

内出血が発生している状態で暖めてしまうと、血液の循環が促進され内出血の進行を加速させる結果となります。

これは無駄な細胞の壊死を引き起こしてしまいます。

前述したように受傷後数日の治療の基本はアイシング療法が基本となります。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はコチラをご覧ください。





投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ