わかば接骨院通信

2016年4月 4日 月曜日

交通事故によるむち打ちの再発 大府市のわかば接骨院

交通事故に多いむちうち

むちうちは交通事故による怪我でいちばん多い症状です。

むちうちはなかなか改善しない症状で、人によっては治療に何年もの期間を要する場合があります。

むちうちの主な症状は

・首から肩、背中にかけてのこわばりや痛み
・頭痛
・めまい
・吐き気
・耳鳴り
・手や足の痺れ
・倦怠感
などがあります。

日常生活に支障が出るほどのひどい症状から、「ちょっと気になるな」程度の症状までいろいろです。

しかし、本人はむちうちだと思っていても病院で精密検査を受けたら脳に損傷を受けていたなどという事もあるので、事故にあったら必ず病院を受診しましょう。

また接骨院で行われる電気療法や牽引、マッサージなどはむちうちの回復をサポートしてくれるので積極的に活用する事で症状の早期改善が見込めます。


むちうちは再発する?

むちうちは後遺症が残りやすい症状でもあります。

一度治療を終えて症状が改善したとしても、ふとしたきっかけで再発する可能性があります。

むちうちが再発する原因は、さまざまですが季節の変わり目や環境の変化によるストレスの影響を受けて再発する事が多いです。

どんなケガにも言えることですが、いちど痛めた部分はたとえ痛みが取れたとしても弱っています。

そのためストレスなどで疲労が溜まると、再び痛みが出るのです。

むちうちになった箇所は血流が滞りやすくなっているので、気温の低下の影響を受けやすくなっています。

そのためクーラーの効きすぎる部屋にいたり、冬になると再発する人が多いです。

また再発のもう一つの原因として、適切な治療が行われなかったことが挙げられます。

中途半端な治療で損傷が完治していなかったり、間違った治療で逆に損傷がひどくなってしまったまま放置されたことで再発するのです。


再発したむちうちの治療

再発したむちうちの治療には、最初にむちうちが発生した時よりも時間がかかる可能性が高いです。

特に数年、数十年の時間を経て再発した場合はその期間中に積み重ねたむちうちの元凶を取り除かなくてはなりません。

さらに交通事故というはっきりとした原因だけでなく、血流の悪化や筋肉のコリなど多数の要因が重なって発生していることが多いので全身のバランスを整える必要もあります。

むちうちの再発防止には、定期的に医療機関を受診し、状態を確認しておくことが大切です。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。




投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ