わかば接骨院通信

2016年4月 1日 金曜日

自転車事故と自賠責保険 大府市共和駅前わかば接骨院

危険な自転車運転

自転車は誰にでも乗れますが、乗る人によって安全にも危険にもなりうる乗り物です。

法律違反ぎりぎりのたいへん危険な運転をする人もいますよね。

自転車の最高速度はママチャリでも時速25㎞~35㎞程度出ます。

これだけのスピードで人や物にぶつかったら大惨事になる事が想像できます。

「自転車だから大丈夫」と高をくくって、歩道を暴走したり改造した自転車を使用している人が事故を起こすと、悪質な運転とみなされて刑事責任を問われる可能性もあります。

自転車も二輪車という軽車両なので、事故を起こせば交通事故として処理されます。


自転車事故の刑事責任

自転車で交通事故を起こし、加害者になってしまった場合自動車事故と同様に刑事責任に問われます。
もし誰かに衝突して相手にけがを負わせてしまったにもかかわらず、その場を立ち去ってしまえばそれは「ひき逃げ」になります。

自転車でひき逃げをした場合は、相手のケガの具合にもよりますが1年以下の懲役または10万円以下の罰金を払わなければいけません。

また万が一、相手を死なせてしまった場合は重過失傷害罪に問われ、5年以下の懲役もしく
は禁固、または100万円以下の罰金が科せられます。


自転車事故の民事責任

事故の加害者になってしまった場合、刑事責任だけでなく民事責任にも問われることになります。

被害者が加害者を訴えれば、裁判で決定した損害賠償額を支払う必要があります。

自転車での事故といっても被害者が死亡したり、障害が残るような重症を負わせてしまった場合は数千万円単位の高額な損害賠償をしなければいけません。

2008年に神戸で起きた11歳の少年が歩行中の67歳の女性をはねた事故では、女性は寝たきりとなってしまい、裁判所は少年の母親に9520万円の支払いを命じました。


自転車の保険

自転車の悲惨な事故を防ぐためには、まず第一に安全運転を心掛けることです。

しかし、どんなに気を付けていても事故が起きる可能性を0%にすることはできません。

いつ起きるかわからない自転車事故に備えた保険があります。

「自動車総合保険」は自転車に乗っている時のケガの補償と、自転車に乗っている時の損害賠償事故の補償をしてくれます。

他にも交通事故傷害保険は自転車のみならず車やバイクなどの車全般に関連する事故を補償してくれますし、普通傷害保険はそれらに関係なくケガ全般を補償します。

自転車用の保険は月々数百円からのものがたくさんあるので、自分の求める補償内容をしっかりと見極めて加入する事をオススメします。

交通事故にはケガが付き物です。

特に自転車の交通事故では加害者も怪我を負う事が少なくありません。

事故に会った際は我慢せず、早めに専門医に相談しましょう。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ