わかば接骨院通信

2016年4月11日 月曜日

交通事故後の腰痛について 東海市近郊共和駅前わかば接骨院


恐ろしい交通事故

交通事故は誰でも遭遇する可能性があります。

交通事故は予測する事ができず、どんなに気を付けていても遭遇する可能性を0%にすることはできません。

自動車が普及するにしたがって、被害の大きな事故が増えています。

私たちにとって自動車はもはや必要不可欠なものであり、今や自動車免許を持っている事は当たり前になりつつあります。

それに伴って、運転技術が未熟であるにもかかわらずスピード超過などの無理な運転をする人も増え、無関係な人が巻き込まれる事故が後を絶ちません。

交通事故で負う怪我は後遺症になることが多く、なかには一生その怪我と付き合っていかなければいけない人もいます。


交通事故が原因の腰痛

腰痛は交通事故によって発症する事があります。

もともと腰に持病があった人が、交通事故の衝撃によって再び腰痛を発症する事もあります。

交通事故が原因の腰痛は、事故に遭ってから時間を置いて痛みが出ることが多く、事故との因果関係に気づけない人も多いのです。


交通事故による椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは交通事故によって発症する可能性が高い症状のひとつです。

交通事故による強い衝撃によって、椎間板に歪みが起きてしまう事が原因です。

背中から腰を形成する骨と骨の間にあるクッションの役割を果たす椎間板が、外部からの衝撃で外に飛び出して神経を圧迫してしまうのです。

もともと椎間板ヘルニアを患っていて、完治した人でも交通事故が原因で再発する可能性があります。

交通事故による骨盤のズレ

交通事故の衝撃で骨盤や背骨がずれて、腰痛が発生します。

背骨などの骨格が歪んでしまうと、強い負荷がかかり筋肉がコリ固まってしまいます。

歪んだ場所の血行も悪くなり、余計にコリがひどくなります。

また、歪みによって左右どちらかの腰椎への負担が増す事で、神経を刺激してしびれや痛みが起きることもあります。

事故直後は痛みとして現れないこともあります。

デスクワークなどの長時間同じ姿勢を保つことが苦痛になったり、座る・前屈するといった今まで当たり前にできていたことができなくなる人もいます。


腰痛の我慢は禁物

腰は人間の動きを左右する重要な部位です。

事故後に痛みがあるにもかかわらず、無理な我慢をしてしまうと腰痛が慢性化してしまう可能性が高いです。

交通事故に遭ってしまったら、どんなに些細な怪我でも必ず病院で検査を受けましょう。

自分では自覚していない怪我を負っている可能性もあります。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ