わかば接骨院通信

2016年4月18日 月曜日

交通事故の示談交渉について 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故の示談交渉とは

事件や事故などで「示談」という言葉を良く聞きますよね。

示談という言葉の意味を何となく理解できていても、具体的にどうすることなのか分からない人もいると思います。

示談とは、簡単に言うと和解のことであり、「被害者と加害者が事件を解決することに合意する事」です。

示談交渉とは示談へ向かうための双方の話し合いのことで、どのような条件であればお互い納得して事件・事故を解決へ導くことができるのかという交渉のことです。

交通事故の約9割が示談交渉の後、示談という結末を迎えています。

交通事故から示談までの流れ

交通事故発生から示談交渉を行い、示談が成立するまでには流れがあります。

交通事故から示談成立までの流れを以下にご紹介します。



1.交通事故が起きる

まずは自分や周りの怪我・被害の具合を確認しましょう。

少しでも痛みがあれば必ず病院へ行き、警察に届ける必要があります。

どんなに小さな怪我でも、人身事故として処理してもらいましょう。

物損事故として処理されてしまうと、人には被害が出なかったと判断され、事故の状況についての資料を作成してもらう事ができません。



2.病院を受診・治療

事故によって負った怪我の治療を行います。

この治療費は加害者もしくは加害者が加入している保険会社から支払われます。

事故によって負った怪我が完治する、または「これ以上良くならない所まで治療した」状態まで通院と治療を続けます。

この状態を「症状固定」と言い、ここまで治療を進めた場合はこの後の治療や診断にかかる金額の請求は出来なくなります。

後の示談交渉をスムーズに進めるために、ここまでの治療費の領収書を保管しておきましょう。



3.保険会社と示談交渉

症状固定の状態になったら、示談交渉を始めます。

示談交渉では以下の損害賠償について話し合います。

・治療費、通院費、通院にかかった交通費、リハビリの費用

・仕事を休んだ場合は仕事をしていたらもらえるはずだった賃金

・事故によって負う事となった精神的苦痛に対する慰謝料

主に以上の内容に関して、保険会社と話し合いを進めていきます。

ここでの話はいが直接示談への条件に繋がっていくので、妥協することなく自分の求める条件を提示する事が大切です。



5.示談成立へ

示談交渉での補償の内容に納得出来たら、示談書にサインをします。

示談書にサインをした時点で、示談は成立となります。

一度サインしてしまうと、示談の内容を変更することは不可能なので詳細をしっかりと確認してサインしましょう。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。




投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ