わかば接骨院通信

2016年4月15日 金曜日

交通事故被害者の対処について 大府市のわかば接骨院

交通事故に遭ったら

交通事故被害者になってしまったら、身体に傷を負っているかもしれませんし、精神的に動揺している可能性もあります。

もし事故に遭ったら、いちばん最初に何をして、どのような流れで解決に向かえばいいのでしょうか?

もちろん事故に遭わないのが一番いいのですが、万が一事故に遭ってしまった時に備えて、事故後の流れを確認しておきましょう。

交通事故発生直後

交通事故に遭った直後、まずするべきことは警察への連絡です。

警察が現場に到着してから、スムーズに事を進めるためにも到着までに以下のことを確認しておきましょう。

・相手の運転免許証(住所・氏名・生年月日)

・相手の車両番号(前のプレートはとりかえられている可能性があるので、後ろのプレートを確認)

・相手の勤務先(会社名・住所・電話番号)

・相手の車両について(車検証・自賠責証明書・保険会社名・加入年月日)

・被害状況確認(被害の程度、破損箇所の写真撮影)

・現場の症状(できれば周囲の写真撮影)

・事故の状況(車の位置・その他被害状況)

・加害者の発言(録音ができればする)

・目撃者の確保(氏名・住所・証言)

自分の記憶を整理する

事故に遭った時は気が動転しているかもしれませんが、記憶が鮮明なうちに自分の記憶を整理しておいた方が良いです。

事故後には保険会社や警察など事故の状況を話す機会が何度かあります。

その時に話が食い違うと、自分が不利になる可能性があるのです。

自分が覚えている事は忘れないうちに、メモに書いたり録音しておきましょう。

保険会社に連絡する

警察への届けが終了し、事故現場での見聞などがひと段落ついたら早めに保険会社連絡しましょう。

保険会社への報告が遅くなると、保険金支払いまでの期間が長くなる恐れがあります。

事故直後に保険会社に連絡しておけば、短期間で保険金が支払われます。

保険会社へは以下の項目を報告しましょう。

・契約の内容(保険番号・契約者指名・被保険者の住所・氏名・電話番号)

・事故の状況(事故の日時・場所・状況・事故の原因・相手の住所・氏名・電話番号・届け出警察署・目撃者がいれば住所・氏名・電話番号)

・被害の状況(車両の被害の大きさ・負傷者がいれば傷の程度・病院名)

・事故後の措置について(相手との交渉状況について)

以上のような手順で事故後の処理を行います。

もしすこしでも身体に違和感があったら必ず病院へ行きましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ