わかば接骨院通信

2016年5月23日 月曜日

自賠責保険とその他の治療の保険 東海市の交通事故治療は当院へ



自動車の運転に保険が必要な理由


自動車を運転する人は、自賠責保険への加入が法律で義務付けられています。

保険に入っていないと事故を起こしてしまった時に、補償を受けることができません。

交通事故を起こすと莫大なお金が必要になります。

相手がいる事故の場合は、その人への慰謝料や治療費を支払わなければいけないのです。

運転していて事故を起こし、誰かに怪我を負わせてしまった場合、保険に入っていれば治療費は保険会社が負担してくれます。

事故を起こしたことがない人は「自分は安全運転だから大丈夫」と思っています。

しかし、事故を起こしてしまう危険は車を運転する人全員にあるのです。

保険に入らずに事故を起こしてしまい、長期間にわたって事故の負担に苦しむ人もいます。

事故を起こさないように努めることが大前提ですが、事故を起こす事を想定して自分の保険をもういちど見直してみましょう。


自賠責保険の役割

自賠責保険は車の運転に際して、必ず入っておかなければいけない保険です。

では、自賠責保険の役割とは何でしょうか?

この保険が保証してくれるのは「人の怪我」のみです。

交通事故を起こし、相手に怪我を負わせた場合、相手の怪我の治療にかかる治療費は全額自賠責保険が補償してくれます。

しかし、相手の自動車を傷つけてしまったり、電柱や家などにぶつかって損壊したりしてしまった場合の修理代などは自賠責保険の補償範囲外です。

また、事故によって自分もケガを負ってしまった場合も、自賠責保険から治療費は出ません。

また、自賠責保険は補償上限額が決まっており、その金額も低いため、事故の内容によっては加害者の負担はかなり大きくなります。

自賠責保険だけでは、事故を起こした時の補償として不十分な可能性もあります。

任意保険の役割

任意保険は強制ではありません。

自分が求める補償内容に遭った保険を選び、加入するものです。

入るプランによって受けられる保証はさまざまです。

交通事故を起こし、相手に怪我をさせてしまった場合、相手の治療費はもちろん、自分がケガをし
た場合の治療費や相手の車の修理代、自分の車の修理代まで補償の対象となります。

また、自賠責保険に比べて補償の限度額が高いため、自己負担しなければいけない金額をぐっと減らすことができます。

相手との示談交渉や、裁判になってしまった場合の裁判費用も保険会社が負担してくれるので、事故に遭った場合の対策を万全にしておくためには任意保険への加入もオススメです。

いざ事故を起こしてしまうと、頭が混乱し、なかなか冷静な判断ができません。

自分がどのような保険に加入し、事故を起こした場合はどのような流れで手続きをしなければいけないのかを確認しておきましょう。

もしも交通事故で怪我をしたら、早めに信頼できる医師のもとへ足を運んでください。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ