わかば接骨院通信

2016年7月30日 土曜日

交通事故と捻挫の治療 東海市の交通事故治療は当院へ



交通事故でけがをしたら

交通事故でけがを負った場合は、自分が加害者でも被害者でも必ず病院へいきましょう。

事故の状況によっては動けない人がいる場合もあり、周りに人がいれば協力して安全な場所まで運びましょう。

もし自分がケガで動けない場合は、誰かに協力してもらい、移動しましょう。

交通事故のケガは骨折などの重傷なものから、捻挫や打撲などまであります。

捻挫はケガの中では軽く見られがちですが、しばらく安静にしていれば回復する捻挫もあれば、病院で適切な治療を受けなければ治癒しないものもあります。

「たかが捻挫」と軽くとらえるのではなく、症状に合わせて適切な処置をしましょう。

手首の捻挫

バイクや自転車などで事故に遭って体勢が崩れると、ほとんどの人がとっさに手を地面につけて身体を支えようとします。

この時強い衝撃が手首の関節に加わります。

手のつき方が変だと、手首をひねったり強く押し付けたりするため、捻挫する可能性が非常に高い場所です。

手首は普段よく動かす部分なので、捻挫をすると動かすたびに痛みがあり、とても不快です。

また、捻挫だと思っていたら骨に傷がついていたり、骨折していることもあります。

手首は捻挫と骨折の見分けがつきにくいので、必ず専門医の診察を受けて状態を確認してもらいましょう。

ズキズキと激しい痛みがあったり、赤く腫れあがっている場合は患部が炎症を起こしているということです。

捻挫していると判断できたら、まずは炎症が起きている患部を冷やします。

保冷材を患部に当てて、腫れが引くまで継続します。

この時冷たすぎると凍傷になってしまう恐れがあるので、ガーゼで保冷材を包んで対応してください。

痛みが治まるまでは極力手を使わないようにして、安静に過ごしましょう。

軽度の捻挫であれば1週間~2週間で完治しますが、重度の捻挫は治療に1カ月以上かかることもあります。

素人判断で処置方法を誤ると、余計に症状が悪化したり治りが遅くなったりすることがあるので、病院の処置を受けることをおススメします。

足首の捻挫

人間の身体の中で手首に続いて捻挫しやすいのが足首です。

交通事故でも足首を捻挫する人はたくさんいます。

歩くと足首に痛みを感じたり関節が不安定になっていたら、捻挫の可能性があります。

場合によっては靭帯が切れていることもあるので、レントゲンを撮ることができる病院で判断してもらうのが最適です。

足首を捻挫した時は手首と同様に痛みが引くまでできるだけ動かさない方が良いですが、歩かずに生活するというのは困難ですよね。

そんな時はテーピングして足首が動かないように固定したり、重症の場合は松葉杖を使って生活することになります

不便ではありますが、こうすることで捻挫などの急性のケガには、患部の安静が必須なのです。



交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ