わかば接骨院通信

2016年7月22日 金曜日

交通事故で最も多い追突事故について 大府市のわかば接骨院



追突事故が起きたら

追突事故は追突された方に何の問題もない場合と、追突された方が急ブレーキを踏むなどしてなんらかの過失がある場合の2パターンがあります。

追突事故は基本的に、追突した方の責任が重く、加害者として損害賠償を支払うことになります。

被害者の車の修理費に加えて、事故による負傷者がいればその治療費も負担しなければいけません。

自動車の普及によって追突事故の発生件数は増加し、1日に何件もの追突事故が起きています。

車を運転する人は、前の車に追突しないように「相手が急ブレーキをかけても追突しない十分な車間距離」をとって運転するようにしましょう。

さらに、後続車のことを考えて極力急なブレーキをかけるのは避け、もし危険が近づいているようであればブレーキランプを点滅させて知らせることが大切です。

高速道路での追突事故

高速道路は死亡事故が多く、大変危険な道路です。

近年のデータによると高速道路での交通事故は徐々に減少してはいるものの、依然として一般道に比べると事故の多い傾向があります。

高速道路での追突事故は渋滞時に発生する確率が高いです。

車両の故障や事故、工事などが多い高速道路は渋滞が起こると、その前まで100キロ近いスピードで走っていた車が急に減速することになります。
前方に注意して走っていれば問題はありませんが、高速道路では前方への注意がおろそかになることも少なくありません。

高速道路での追突事故は速度が出ている分、他の車を巻き込む大事故になりかねません。

高速道路でも急な事態に対応できるようにし、事故に巻き込まれないように気を付けましょう。

信号のない所での追突事故

信号がない道路では、追突事故が多発しています。

いっけん、信号がある交差点の方が事故が起きやすいように見えますが、信号がない場所の方が運転手は「安心してスピードが出せる」と思って速度を上げがちなので、事故の危険が高いのです。

また、前方の車が信号によって停止・原則をすることがないので精神的な余裕や油断が生じ、不慮の事態に対応しきれなくなってしまいます。

しかし、たとえ信号で停止することが無くてもその道の途中で駐車場に入ったりするために停車することは十分に考えられます。

人間は「この道は危険そうだな」と思うと注意力が上がり、事故が起きないよう慎重な運転になります。

つまり、「この道は安全そうだし、事故は起きないだろう」と油断した時こそ、事故が起きる危険がぐっと上がってしまうのです。

安全そうな道こそ運転に集中し、事故に遭わないよう気を付けましょう。

もしも交通事故に遭ってけがを負ってしまったら、信頼できる専門医に相談することが重要です。


交通事故治療の詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ