わかば接骨院通信

2016年8月31日 水曜日

交通事故の状況と治療 東海市の交通事故治療は当院へ

多発する交通事故

車やバイク、自転車が走行する場所であればどこでも起こりうるのが交通事故です。

しかし、交通事故が多発する地帯もあれば、一度も交通事故が起きていない道路もあります。

交通事故はどのような環境で起こりやすいのでしょうか?

交通事故が起きやすい環境

事故が起きやすい場所の特徴を以下にご紹介します。

●信号機のない交差点

もともと交差点という場所は、たくさんの車が往来し、歩行者も利用する場合があるので事故が多いです。

信号機があれば、信号の色に従って行動すれば良いのですが、信号機がない場合はそれぞれのドライバーの判断で行動がきまります。

そのため、少しでも判断を誤れば他の車と接触する危険が高くなりますし、周りのドライバーとの意思疎通ができなければいけません。

例えば、交差点で自分が直進しようとしていて左から車が来ているものの、「きっと止まってくれるだろう」と判断してスピードを緩めないまま走行し、左から来た車と衝突するというような事故が起きます。

この「きっと行けるだろう」という思い込みが交差点で事故が起きる最大の原因です。

信号機のない交差点では細心の注意を払い、左右の確認をしっかりして、一時停止線がある場合は必ず一旦停止をして安全を確認してから発進しましょう。

●見通しの悪いカーブ

前方の安全が確認しづらい見通しの悪いカーブは、車同士の正面衝突が起こりやすい危険な場所です。

見通しの悪いカーブであるにもかかわらず、センターラインを越えて走行する車が多く、スピードも落とさないため、当然事故が起きます。

センターラインを越えてくる対向車を避けることは難しいですが、少なくとも自分が危険を避けるために見通しの悪いカーブに差し掛かったら、スピードを落としてカーブの外側を慎重に走行してください。

●悪路・悪天候

雨や雪の日は視界が悪く、周りの状況も読みづらいため思わぬ事故につながる恐れがあります。

路面も滑りやすくなっているため、とっさの時にブレーキをかけた際、うまく停まれなかったりスリップしてしまう可能性も高いです。

雨の日はスピードを落として、「視界が悪いな」と感じたら昼でもライトをつけるようにすることが大切です。

また、雪の日は車の運転を避けるのがベストですが、どうしても運転しなければいけない時はスタッドレスタイヤに交換して、ゆっくりと走る必要があります。

交通事故に遭ったら

交通事故に遭いやすい場所や環境を知っておけば、その状況に遭遇した時に冷静に判断することができます。

「自分は大丈夫」と考えるのではなく、誰しも事故に巻き込まれる危険があることを認識して運転をしましょう。

もしも交通事故に巻き込まれてけがをした場合は、できるだけ早めに医師の診察を受けてください

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ