わかば接骨院通信

2016年9月30日 金曜日

交通事故の治療と病院について 大府市のわかば接骨院



ケガの治療期間について

交通事故で身体のどこかを負傷した場合、病院や接骨院などで治療を受けることになります。

治療費は事故の被害者であれば加害者側の自賠責保険から支払われ、加害者は自らの自賠責保険から治療費が出ます。

費用とともに気になるのが、「どれくらいの期間通院しなければいけないのか?」ですよね。

もちろんケガの具合によって、治療にかかる時間が長くなったり短くなったりしますが、保険会社から「治療が終了した」と判断されると治療費の補償が受けられなくなるため、通院の仕方や病院の選び方には注意が必要です。

以下に治療が打ち切られる原因をご紹介します。

通院頻度について

交通事故でけがをして病院に通う場合、どれくらいの頻度で通院するべきなのでしょうか?

普通に考えれば、症状が軽くなったら通院頻度を減らしていくのが一般的ですが、通院頻度が少なすぎると治療が打ち切りになる可能性があります

「ケガの治療のために通院をしていた」というしっかりとした実績がない場合は、「それほど通院をしなくても生活に支障がない状態」と判断されることがあるのです。

症状がないにもかかわらず通院をする必要はありませんが、適正な治療費を受け取るためにも通院実績を作っておくことは交通事故の治療を進める上で非常に重要なポイントです。

漫然治療について

漫然治療とは、ケガの治療のために病院に通ってはいるものの、本当にけがを完治させようとしているのかどうかわからない治療のことを指します。

・湿布薬だけをもらい続ける
・マッサージだけを受けている
・首のコルセットを長期間着用し続けている
・ビタミンなどのサプリメントをもらい続けている

以上のような治療を受けていると、漫然治療と判断されてしまう恐れがあります。

保険会社は、「治療費を欲しいがためにケガの完治に効果があると思えないような治療を続けている」と考え、治療を打ち切りにしてしまうのです。

保険会社とのやり取りについて

真剣に治療を続けているにもかかわらず、保険会社が治療の打ち切りを通告してきた場合、最も重要なのは「冷静に話し合うこと」です。

理不尽に治療の打ち切りを通告されて感情的になってしまう人も多いですが、感情的になればなるほど自分に不利な状況になっていきます。

本当に正当な治療を受けているのであれば、その治療実績と治療を続けなければいけない理由、医師の診断書など目に見える資料を集め、保険会社と交渉するのが最善策です。

交通事故の治療ではトラブルが起きることも少なくないため、何かあった時に相談できる専門医が近くにいると安心できます。


交通事故治療についての詳細はこちらをご覧下さい。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ