わかば接骨院通信

2016年11月30日 水曜日

交通事故の打撲と後遺症について 大府市のわかば接骨院


打撲の症状について

交通事故に遭い、体の一部をどこかにぶつけたり、物が飛んできて体に当たったりするとその部分に打撲が発症します。

日常生活で机の角などにぶつかったときに生じるような軽い打撲であれば、人間の自然治癒力で回復していきます。

しかし、交通事故はぶつかったときの衝撃が大きく、たとえ打撲であっても重症化する恐れがあります。

打撲も発症後に適切な処置をしなければ、後遺症として残ってしまうこともあるのです。

打撲の内出血について

打撲は皮膚の外に血液が出るわけではないですが、皮膚の内側で血管が傷ついていたり筋肉が損傷しています。

打撲すると人間の自然治癒力が働き、損傷した箇所を修復するために血液が一気に集められます。

これが、打撲特有の内出血が起きる理由です。

内出血は、傷ついたところを治そうとする人間の当たり前の反応なのでそれほど心配する必要はありませんし、時間がたてば落ち着いてくる症状です。

しかし、血液が一か所に集まると患部の修復作用はありますが、重度の打撲の場合は修復後に血流が滞り、筋繊維が硬くなってしまうことがあります。

するとその部分の血管や細胞がもろくなり、痛めやすくなってしまいます。

例えば、交通事故で腰を打撲すると、治ってから腰痛が発症したり椎間板ヘルニアなどの病気を発症する可能性が高くなるのです。

つまり、一度ひどい打撲をした部分は、その後他の症状が発症しやすくなってしまうということです。

打撲の処置について

打撲は事故後の処置を適切に行ったかどうかで、その後の治療期間や後遺症の有無が変わります。

以下の3点が打撲直後の応急処置において重要なポイントです。

①アイシング

打撲した直後は、患部が炎症を起こし熱を持っているので冷やさなければいけません。

手や足であれば、氷水の入ったバケツに患部を付けて冷やします。

それ以外の場所であれば、保冷剤をタオルで包んだものや氷嚢を患部に当てましょう。

冷やす時間は1回20分以内にして、それを何回か繰り返します。

②圧迫する

炎症を抑えるために、テーピングをしたり包帯を使って、患部を固定して圧迫します。

痛みが出るほど強く圧迫すると、血流が悪くなって逆効果になるので、適度な力で圧迫しましょう。

③患部を心臓より高く上げる

打撲をした直後は、患部に血液やリンパ液が溜まりやすく、そのままにしておくと腫れがひどくなってしまう恐れがあります。

腕であれば、心臓よりも高く挙げてください。

下半身の場合は、椅子やクッションに足を乗せて寝ることで患部を高くあげるようにしましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ