わかば接骨院通信

2016年12月 5日 月曜日

交通事故の痛みと接骨院 東海市の交通事故治療は当院へ


痛みが出るケガと出ないケガ

交通事故のケガには、痛みが出るケガと出ないケガがあることをご存知ですか?

事故の直後は、被害者はもちろん加害者も大きなショックを受け、精神的に混乱していることが多いです。

すると、脳が興奮状態になり大きなケガをしていてもその痛みを感じなくなります。

事故からしばらくして、頭が冷静になったときにはじめて自分がけがをしていることに気づく人も少なくありません。

また、捻挫やむち打ち・腰痛などは、ケガをした直後よりも時間が経過した後の方が、腫れや痛みがひどくなることもあります。

痛みがあっても無くても、事故に遭ったらまずは病院で精密検査を受けて、重大なケガをしていないか診断してもらいましょう。

事故が起きてしばらくしてから痛みが出た場合でも、交通事故との因果関係が証明されれば、自賠責保険によって治療費が支払われるので安心して病院に行ってください。

背中の痛み

交通事故後に背中が痛むことがあります。

背中の痛みの原因として一番に考えられるのは、背中を直接ぶつけたりしたことによる打撲です。

背中に腫れや打撲特有の皮膚の変色が見られれば、湿布などを貼って様子を見ます。

激しい痛みがあれば、炎症を抑えるためにしばらく冷却する必要があります。

打撲だけなら1週間程度で症状は治まっていきますが、骨に損傷がある可能性もあるので必ずレントゲンでチェックしてもらいましょう。

また、むち打ちの症状として背中に痛みが出てくる可能性もあります。

この場合は、むち打ちの治療をしなければ背中の違和感も取れないので、むち打ちの治療を得意とする医療機関で適切な処置をしてもらう必要があります。

腰の痛み

交通事故が原因で腰痛が発症するもしくは、もともと慢性的な腰痛持ちだった人がぎっくり腰や椎間板ヘルニアになってしまうことがあります。

腰椎に歪みがあったり疲労がたまっていると、事故の衝撃でその部分に損傷を受けます。

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアは、その場から動けなくなるほどの激しい痛みが特徴なので、発症直後は安静にしてできるだけ動かないようにしてください。

交通事故後に、腰の痛みや違和感を感じたらその部分の筋肉をマッサージや電気治療でほぐしてあげると症状が緩和される可能性があります。

放置すると慢性的な腰痛に発展する恐れがあるので、早めに医療機関に相談することをおすすめします。


交通事故は不慮の出来事なので、事故の瞬間のことはあまり覚えていない人も多く、「どの部分をぶつけたのか」「どのような体勢でケガをしたのか」が分からないケースもあります。

思いがけないところを負傷することもあるので、どこかに不快感や違和感を感じたらどんな小さなことでも信頼できる専門家の先生に相談しましょう。

わかば接骨院でも交通事故専門士による治療と無料相談を行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ