わかば接骨院通信

2016年12月28日 水曜日

交通事故の被害者と加害者  大府市のわかば接骨院


交通事故の治療費

日本の各地で毎日のように交通事故が発生しています。

人が死亡したり大けがを負うような事故以外はあまり大きなニュースとして扱われないため、見逃してしまいますが小さな物損事故などを含めたらその数は膨大です。

あまりの多さにありふれた日常の出来事のように感じてしまいますが、実際に事故に遭った当事者からすれば、その衝撃はすさまじいものがあるでしょう。

交通事故の多くは、相手にケガを負わせたり相手のモノを壊してしまった加害者と何らかの被害をこうむった被害者がいます。

被害者がケガを負っている場合は、その治療費を加害者が負担することになります。

被害者の車を傷つけたり、何かを壊したりしたらその修理費を負担するかもしくはその被害に見合う額の損害賠償を支払う必要があります。

被害者の治療費は原則として、加害者の自賠責保険が補償します。

加害者のケガも、本人が加入している自賠責保険が補償してくれます。

ケガを負った原因が事故によるものだと証明するためには、事故から時間を空けずに医療機関を受診することが重要です。

事故の発生から時間が経ってしまうと、事故とケガの因果関係を証明するのが難しくなり、場合によっては適切な額の治療費をもらえなくなってしまうのです。

また、むち打ちなどは事故からしばらくして痛みが現れる可能性があります。

むち打ちは、レントゲンなどの画像診断で判断することが難しいため、交通事故のケガの症例に慣れた医療機関に相談するのが良いです。


被害者の精神的苦痛

交通事故で負うのは、ケガだけではありません。

被害者が負う心の傷は、トラウマとして一生心に残る恐れがあります。

交通事故に遭ってから、事故現場に近づいたり事故と同じ時間帯になると、交通事故の様子がフラッシュバックしたり、動悸が激しくなる、恐怖で動けなくなるといった症状が出てしまう人もいます。

運転中に事故に遭った人は、事故のトラウマからハンドルを握ることもできなくなってしまったという例もあります。


交通事故の慰謝料について

被害者は、交通事故によって被った精神的な苦痛を金銭で加害者に請求することができます。

自賠責保険の慰謝料の金額は、被害者がケガを負っている場合で1日あたり4200円です。

慰謝料の限度額は120万円と決められており、これ以上を受け取ることはできません。

ただし、被害者が死亡した事故や思い後遺障害が残るケースでは、慰謝料の金額が変わります。

わかば接骨院でも交通事故専門士による交通事故のケガの相談に対応しております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ