わかば接骨院通信

2017年3月17日 金曜日

交通事故で腰痛が再発した場合の治療 東海市の交通事故治療は当院へ



交通事故で腰痛が再発したら

交通事故に遭った後に、腰痛が再発してしまうことがあります。

もともと過去に重い腰痛を患っていた人や、腰痛が治ったばかりの人は再発の危険性が高いです。

一度腰痛を経験したことがある人が1年以内に腰痛を再発する割合は30%以上となっており、10年以内になると約80%以上の人が再発を経験しています。

腰痛が再発するきっかけとなるのが、

・筋肉疲労
・肉離れ
・捻挫
・歪み
・老化
・肥満
 
です。

交通事故で腰痛が再発した場合も、後遺障害認定や損害賠償の対象になります。

まずは整形外科で、レントゲンなどの画像診断をして、診断書を書いてもらいましょう。

腰痛が再発しやすい人とは

腰痛が再発しやすいのは、以下の条件に当てはまる人です。

◆姿勢が悪い人

腰痛の原因の多くが普段の姿勢にあります。

逆に、良い姿勢をしている人は腰痛の発症率が低く、一度腰痛になったことがある人でも姿勢を矯正したことで腰痛の再発を防止することができている例もあります。

腰痛の原因となる姿勢とは、猫背や左右で重心のバランスが崩れている姿勢のことです。

座り仕事に従事している人は、立っている時間よりも座っている時間の方が長いので、座っているときの姿勢も重要です。

椅子に座る時は、尾てい骨が椅子の背もたれに当たるように深く腰掛けて、腰と太ももが直角で、足の裏がしっかりと地面に着いているような姿勢が、腰に負担がかかりにくい座り方です。

◆運動不足

骨や筋肉が衰えていると、いくら姿勢を良くしても腰痛が起こります。

体を動かす習慣が無いと、筋肉量が減ってしまい上半身を支えることもできなくなります。

「忙しくてなかなかスポーツにまで手が回らない。」「そもそも運動するのがそれほど好きじゃない。」という人におすすめなのがストレッチです。

スキマ時間や寝る前に場所を選ばずにできるストレッチなら、運動が苦手な人にも続けやすいはず。

◆腰を丈夫にする食事

骨や筋肉を作るのは、毎日の食事です。

カルシウムの多い牛乳や乳製品、ゴマやホウレン草などを積極的に摂り、それと一緒にカルシウムの吸収を良くするビタミンDも摂取しましょう。

ビタミンDは、鮭や干しシイタケにたくさん含まれています。

また、丈夫な筋肉を作るために良質なたんぱく質も食事に取り入れましょう。


普段から腰のケアを

数ある症状の中でも、腰痛は再発の可能性が非常に高いです。

交通事故のような強い衝撃を受けると、一度痛めたところはどうしても弱くなっているので同じ症状が出やすいのです。

腰痛の経験がある人は、普段から腰のケアをして再発防止に努めましょう。

もしも交通事故によって腰に痛みが出たら、接骨院で治療を受けることができます。

わかば接骨院でも交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ