わかば接骨院通信

2017年4月28日 金曜日

交通事故の病院・医療機関の活用について 大府市のわかば接骨院


さまざまな交通事故のケガ

交通事故には発生した時間帯、関わった人、被害の大きさなどたくさんのケースがあります。

似たような事故はあっても、全く同じということは無く、事故ごとに対応の仕方やその後の処理も違います。

同様に交通事故で負うケガにもたくさんの種類があります。

さまざまな症状が合わさって別の症状が出ていることもありますし、適した治療方法は個人個人で違います。

交通事故で使える医療機関

交通事故のケガは、捻挫や打撲、骨折、切り傷、擦り傷などがあります。

このようなケガで利用できる医療機関を以下にご紹介します。

〇整形外科

ケガをした際に、最初に行くべきなのが整形外科です。

整形外科では、レントゲンやMRIといった画像診断で、骨折の有無や靭帯の損傷などを確認してもらうことができます。

また、薬の処方なども行われています。

〇接骨院

温熱治療・電気治療・けん引・マッサージを中心とした治療を行います。

特に捻挫やむち打ち、打撲などに対する施術は接骨院の得意とするところです。

接骨院は、遅くまで営業している医院が多く、ひとりひとりの症状に合わせた治療を選択してくれます。

接骨院でのケガの治療には、自賠責保険が適用されるため、治療費の負担は無く通院することができます。

〇総合病院

色々な症状が併発している場合は、総合病院へ行くことをおすすめします。

例えば、「首も痛いし腰も痛い。時々頭痛やめまいもある。」といったように、どこが主症状なのかよくわからず、交通事故との因果関係があるのかもわからない場合です。

このような状況にあることを、受付で相談すればその症状に適した科を紹介してくれます。

内臓や脳に損傷を受けている可能性も十分にあるため、不安なことは漏らさずに伝えましょう。

〇整体

交通事故が原因で、身体に歪みが生じていたら整体を利用することもできます。

また、事故後に肩こりや腰痛が発症した場合もマッサージを施してもらうことも可能です。

ただし、整体は基本的に保険適用外になるので、自賠責保険の補償からは外れます。

保険会社に相談しても断られることがほとんどなので注意してください。

また、電気治療やけん引などの器具を使った治療はできません。

同時に通うことも可能

医療機関は一つだけに絞らなくてはいけないわけではありません。

必要に応じて、二つ以上の医療機関に同時通っても良いのです。

日常的に通院するのを接骨院にして、1カ月に1回程度整形外科で様子を見てもらうという治療の進め方もあります。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ