わかば接骨院通信

2017年6月26日 月曜日

交通事故の危険ポイントと接骨院 大府市のわかば接骨院

状況変化に臨機応変に対応

車を運転していると、急に道路の状況が変わったり、周りの車の様子が変化することがありますよね。

また、気候に影響されることも多く雪道でスリップの危険が高くなる、激しい雨の時には視界が悪くなるといった問題が起こります。

車を運転する人は、このような状況変化に臨機応変に対応する能力が求められます。

運転しているときに前方の車が事故を起こす可能性もゼロではありません。

その時に、冷静に判断してブレーキをかけるもしくは避けるなどといった対処をする必要があるのです。

突然の状況変化に、いちいち慌てふためいていると事故を起こす可能性がぐっと高くなります。

どのようなことが起きそうなのかあらかじめ予測して、冷静に対応できる能力を身につけましょう。


近くにトラックが走行している場合

トラックの近くを走る時は、以下のような点に注意しましょう。


◎車体のはみだしに注意

トラックは車体が前後に長く、カーブを曲がる際にセンターラインから車体の後ろがはみ出ることがあります。

片側一車線の道路だと、対向車がはみ出た車体に接触する可能性もあります。

片側二車線でも、後ろから来た車がぶつかる恐れがあるのです。

乗用車のドライバーは曲がろうとしているトラックを見つけたら、できるだけ車線から離れましょう。

避けるのが難しいと判断したら、いったん止まり、トラックが曲がり終わるのを待つという判断も必要です。


◎トラックの後ろを走るのは避ける

トラックが前方にいると、前の道路の様子がほとんど分かりません。

信号機も見えづらく、止まるタイミングを見誤ると前方のトラックに追突することもあります。

さらに危険なのは、前後をトラックに挟まれるという状況です。

トラックの運転席は、乗用車よりも高い所にあるので乗用車の動きがよく見えません。

前方のトラックがスピードを上げたらそれに合わせて後方のトラックも速度を上げて、間にいる乗用車に追突する事故が起こります。

また、前方のトラックが急ブレーキをかけた際、後ろのトラックのブレーキが間に合わず、間にいた乗用車が押しつぶされてしまうという悲惨な事故も起こっています。


近くにバスが走行している場合

バスもトラックと同様に車体が大きいため、後ろに付くと前方が見えづらいです。

さらに、バス停に停車した時にバスから降りた人が急にバスの陰から飛び出してくる恐れがあります。

バス停からバスが発進しようとしている時に無理に通り抜けようとすると、接触の危険があるので後ろで一時停止した方が安全です。

バスの中には大勢の人が乗っている可能性があり、事故が起きるとたくさんの人にケガを負わせる危険もあります。

どれだけ注意していても、不慮の事態で交通事故が起こることはあります。

万が一の場合に備えて、危険がありそうな車の近くは走行しないようにしましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ