わかば接骨院通信

2017年6月15日 木曜日

単独での交通事故と接骨院について 大府市のわかば接骨院

単独事故も警察に届ける

単独事故は、被害者が存在しないため警察に届けなくていいと勘違いしている人がいます。

しかし、たとえ単独事故であっても事故を起こしたら必ず警察へ報告しなければいけません。

事故を起こしてしまったら、まずは落ち着いて警察に電話をかけましょう。

電話では、

・事故の発生場所と時間、日付
・事故の内容
・事故の被害
・事故後にどのような措置をしたか


などについて詳しく話してください。

必要なことは、向こうから質問されるので冷静に質問に答えれば大丈夫です。

その後、現場に警察が訪れて現場検証が行われるので、それに立ち合います。

警察に届けないとどうなる?

単独事故を警察に届けないと次のような問題が発生します。

●保険金が支払われない

単独事故であっても、保険に加入していれば保険金が支払われます。

ただし、警察に届けてしっかりと手続きを踏んで事故証明を作っておかないと、保険金が受け取れない可能性が高いです。

●賠償請求ができない

例えば、事故が起きた原因が運転手ではなく道路の状況に問題があったせいだった場合、道路を管理している人に車の修理費用を請求することができます。

しかし、警察に届けていないと賠償請求することができないので、修理費用は自分で負担しなければいけません。

●手続きがややこしくなる

事故後すぐに警察に届ければ、保険会社がその先の手続きを勝手に進めてくれます。

車両が損傷している場合は、修理費用も必要になるため早く手続きした方がスムーズに車の修理に取り掛かれます。

単独事故で使える保険について

単独事故を起こしてケガをした場合でも、健康保険を使って病院で治療をすることはできます。

もちろん接骨院での治療にも健康保険を利用できます。

単独事故で、むち打ちや捻挫などを発症することも多く、接骨院で施術を受ける人も少なくありません。

また、同乗者がいて事故を起こした場合は、同乗者は交通事故の被害者として扱われます。

そのため運転手の「自賠責保険」が適用されて、ケガの治療費を支払う必要はありません。

しかし、単独事故の場合は運転手自身に自賠責保険は適用されません。

人身事故の被害者に適用される「対人賠償保険」も適用外になります。

単独事故を起こしたときに備えて入っておきたい保険が、「自損事故保険」です。

この保険は、自損事故を起こした時に、保険会社から補償を受け取ることができる保険です。

単独事故とは言っても、車の修理代やケガの治療費などでかなりの支出が発生します。

自損事故保険に加入していれば、少しでも保険金を受け取ることができるので安心です。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ