わかば接骨院通信

2017年7月10日 月曜日

バイク事故での腰痛発症について 大府市のわかば接骨院

バイク事故後の腰痛について

バイク事故は、バイクで転倒したりバイクから投げ出されて体を強く道路に打ちつけることがあるので、重傷を負う可能性が高いです。

骨折なども多いですが、事故後に腰に痛みが出ることもあります。

バイク事故で起こる腰痛には、

◎事故が起きてすぐに腰にズキズキとした痛みがある

◎事故の後しばらくは症状が無かったが、数日経過してから痛みがひどくなってきた


というふたつのケースがあります。

どちらにせよ痛みが出たらすぐに専門の病院を受診することが大切です。

交通事故の衝撃で、腰椎を骨折している可能性もありますし、最悪の場合内臓が損傷していることもあるからです。

事故後の腰痛について

バイク事故の後に発生する腰の痛みには、次のような種類が挙げられます。

◆椎間板ヘルニア

事故で腰を強打したことで、椎間板という腰椎を支える軟骨が変形して神経を圧迫します。

すると、腰が痛い、下半身がしびれるといった症状が出ます。

事故で無理な力が腰にかかってしまったことが、椎間板ヘルニアになる大きな原因です。

手足のしびれは、椎間板ヘルニアの特徴的な症状のひとつで、しびれがあるかどうかが椎間板ヘルニアの診断基準になります。

◆急性腰痛

筋肉や靭帯に強い衝撃が加わったことで、筋肉が傷ついて痛みが出ます。

ぎっくり腰と呼ばれることもあり、立っていられないほどの強い痛みが特徴です。

あまりの痛みにその場から動けなくなってしまう人も多いので、自分で無理に動こうとせず、できるだけ楽な姿勢を取りましょう。

◆腰椎捻挫

腰のむち打ちとも言われる腰椎捻挫は、腰部分に強い力が加わり、腰を形成している椎骨がズレることで損傷が起こります。

腰椎捻挫は、その場で急性腰痛のような激しい痛みが出ることもあれば、最初は何の痛みも無かったのにだんだん痛みがひどくなってくることもあります。

また、首のむち打ち症と同様にレントゲンやMRIといった画像診断に映らないことが多く、見落とされやすい症状でもあるのです。

◆ストレスによる筋肉のコリ

事故に遭うと、全身が緊張状態になり、筋肉が硬くなります。

筋肉が硬くなると、腰に疲労物質が溜まりやすくなり、痛みが出ることがあります。

腰痛の治療について

事故直後から腰に激しい痛みがある場合は、できるだけ無理に動かず、痛みが治まるのを待つことが大切です。

炎症が激しいので、患部を冷やして炎症を鎮める対応をすることもあります。

また、痛みが強く眠れないなどの症状がある時は、痛み止めを飲んで痛みを抑えます。

日常生活に支障を来すほどではないものの腰に鈍痛を感じていたり、急性から慢性に移行した場合は患部を温めて筋肉のコリを取ってあげるのが効果的です。

万が一の場合に備えて、危険がありそうな車の近くは走行しないようにしましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ