わかば接骨院通信

2017年7月31日 月曜日

交通事故加害者の治療と病院について 東海市のむち打ち治療は当院へ

加害者も必ず病院へ

交通事故で負傷したら、被害者はもちろん加害者も病院でしっかりと治療を受けましょう。

交通事故の場合、加害者側にある程度の過失はあるものの、思いがけない状況で発生するケースがほとんどです。

そのため、加害者自身も「どうしよう。」「賠償金はどれくらいかかるのか。」「免許はどうなるのか。」といったことで頭がいっぱいになります。

特に、自分の運転で他人にケガをさせてしまったという点で非常に動揺している加害者が多いのです。

頭や体が緊張していると、自分の痛みに気付けなくなります。

また、事故を起こしてしまったという引け目から病院へ行くことをためらう加害者もいます。

ケガは、その種類に関係なく早急な応急処置と適切な診断・治療が必要です。

治療の開始が遅れると、ケガの回復にも時間がかかり、治療費もかさんでいきます。


加害者の治療費について

交通事故の加害者が、本人もケガを負っている場合治療費の負担はどうなるのでしょうか?

加害者が負傷した際の治療費は、以下の3つのケースがあります。


①相手の自賠責保険から支払われる

たとえ加害者であっても、被害者の方に少しでも非がある場合は、被害者側の自賠責保険から治療費が支払われます。

過失割合によって全額支払われるのか、一部支払いなのかは異なります。

自賠責保険は、交通事故の被害者を救済するために作られた保険なので、加害者側も被害を受けているのであれば、被害者と見なされて救済措置が取られるのです。


②任意保険から支払われる

また、加害者が任意保険加入していて、その補償範囲に適用される場合は任意保険から治療費が出ます。

保険の内容によっては、同乗者のケガについても補償範囲内になります。


③健康保険を利用する

ほとんどのケガは、健康保険が適用されます。

健康保険を使って、ケガの治療をすれば3割負担で治療を受けることができます。

ただし、以下の場合は健康保険が適用されない可能性があります。


・業務中に起きた事故や災害(労災保険が適用されるため)


・法律違反や犯罪行為にともなうケガ(道路交通法違反、酒気帯び運転など)


・自分以外の第三者の行為によって受けたケガ(他人から負わされたケガ)



よほどのことが無い限り、交通事故のケガに関して健康保険が適用されないという事はないので安心してください。

ただし、ケガの症状を緩和させるために通う整体やマッサージは、健康保険が適用されないので注意しましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ