わかば接骨院通信

2017年8月30日 水曜日

自転車の特徴と交通事故の原因 大府市のわかば接骨院

自転車事故のポイント


交通事故に対する危険意識や国土交通省の働きかけ、交通事故の情報増加によって、交通事故の件数は少しずつ減少しつつあります。

しかし、自転車に乗っているときの交通事故発生件数は、なかなか減りません。

特に、自転車と自動車が絡む事故が多く、死亡事故のような悲惨な結果を招くこともあります。

自転車と自動車の事故が減らない理由のひとつとして、「双方の特徴を理解できていない」という事が挙げられます。

自転車に乗っているときに、「車が気付いてくれているはず」と思って飛び出したら接触しそうになってヒヤッとした経験に心当たりがあるのではないでしょうか。

逆に、車を運転する人は突然思わぬところから自転車が飛び出してきてびっくりしたことがありませんか?

このように、お互いの意識・感覚の違いが重大な事故に繋がってしまうのです。


道路上での自転車の特徴


●ふらつきがある


自転車は、二本のタイヤでバランスを取りながら走行します。

そのため、ちょっとしたことでバランスを崩しやすく、ふらつきや転倒の危険性が高い乗り物です。

自動車が走行中の自転車のそばを通ると、風圧の影響でふらつきやすくなることがあります。


●車という認識が薄い


自転車は、道路交通法上車両に分類されます。

しかし、自転車に乗っている人は自分が車両だと思って運転している人は少ないのが現状です。

歩行者と同じような感覚で自転車を運転しているため、安全確認をしない、一時停止するべき場所を無視するなどの違反行為が目立ちます。


●車から認識しづらい


自転車は歩行者と同じととらえている人も多く、「自分が弱い立場だから車は止まってくれるはず。」という意識が強いです。

実際のところ、自転車の存在は自動車からは認識しづらく、予測できない動きをされるとそれに対応するのは非常に難しいです。

特に自転車の場合は歩行者よりも素早く動くため、より動きをとらえるのが困難なのです。


自転車と自動車の事故を防ぐために


自動車のドライバーは、自転車特有の危険性や自転車が絡む事故の特徴を理解し、事故を起こさないような運転を心掛けることが大切です。

自分の周りに自転車がいる場合は、その自転車の動きに細心の注意を払いましょう。

自転車との事故を防ぐことは、歩行者や自分の身を守ることにも繋がります。

また、自転車に乗る人は、必ずしも自分の存在が自動車のドライバーから認識されているとは限りません。

自分の安全は自分で守るという意識を持ち、急な方向転換や無理な横断は避けてください。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ