わかば接骨院通信

2017年9月29日 金曜日

高齢者ドライバーの事故と運転について 東海市の交通事故治療は当院へ

高齢者ドライバーの事故の特徴


日本の高齢化が進むにつれて、高齢者ドライバーによる交通事故の発生件数が増えつつあります。

警視庁の調査によると、高齢者ドライバーの交通事故発生件数は10年前と比較して約10倍の数に増えています。

私たち人間は、年を重ねると身体の機能が衰えていきます。

例えば、


・集中力が続かない


・視力が悪くなる


・筋肉量が減る


・反射神経が鈍くなる


・たくさんの情報を処理できなくなる


・冷静な状況判断ができない


・動作が緩慢になる



といった身体的変化がみられるようになるのです。

このような変化が、高齢者ドライバーが引き起こす交通事故と深くかかわっています。

車の運転をすると、目や耳からさまざまな情報が入ってきます。

その情報を瞬時に判断し、的確な動作をすることで安全な走行が可能になります。

しかし、身体が衰えてくると頭ではわかっていても思ったように体が動かないとことがあります。

また、判断能力が鈍りとっさの際に間違った判断をしてしまうことも交通事故につながる一因です。

駐車場でアクセルとブレーキを踏み間違えたり、高速道路を逆走するといった危険な運転はこの判断ミスが引き金になっていることが多いのです。


目の機能低下が事故につながる


高齢になって顕著になる体の変化として、「目の機能の衰え」が挙げられます。

若い時には普通に見えていたものが年をとるにつれて見えづらくなります。

まず、暗い場所での視力の低下が目立つようになります。

明るい場所では、いろいろなものを難なく見ることができても、周囲が薄暗くなってくると急激に見えなくなるのです。

また、動いているものを認識する力も弱まるため、歩行者や自転車の急な動きに対応することが難しくなります。

他にも明暗を識別しにくくなったり、視野が狭くなることもあります。

目の機能低下を自覚したら、それに合わせて以下のように運転スタイルと変えることが大切です。


①運転用の眼鏡を使用する


普段は眼鏡をかけなくても普通に生活できる場合でも、運転中は遠くまで見える必要があるので自分の目の状態に合わせた眼鏡を用意することをおすすめします。

定期的に視力検査を受けて、自分に合った運転用の眼鏡を準備してください。


②こまめに休憩をとる


歳をとると体力も減り、疲れやすくなります。

身体が疲れてくると当然判断力も鈍っていくので、疲れが蓄積する前に早めに休憩をとることが大切です。

特に長時間運転する場合は、こまめに休憩をとることを心がけましょう。


③スピードを落とす


速い速度で走行していると、急ブレーキやカーブに対応しきれません。

周囲の変化を見落とす可能性も高くなるので、法定速度を守りしっかりと周囲を確認しながら運転することが事故防止に繋がります。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ