わかば接骨院通信

2017年9月22日 金曜日

人身事故における背中の痛みについて 東海市のむち打ち治療は当院へ

交通事故と背中の痛み


交通事故後に感じる症状で多いのが、首から背中にかけての違和感や痛みです。

直接首や背中に衝撃を受けたわけではないにもかかわらず、首や背中に痛みが出ることも少なくありません。

なぜなら首や背中には非常にたくさんの神経があり、全身と繋がっているため他の部分が負傷しても影響を受ける可能性があるためです。

また、交通事故のように非常に強い力が体にかかると、背中や肩、首に力が入ります。

この緊張が痛みに繋がっていくこともあります。

交通事故後に、「これといったケガをした記憶が無いのに痛みが出てきた。」という人でも、交通事故との因果関係を否定することはできないのです。

何か気になる症状があれば、交通事故の症例に詳しい専門機関に相談することをおすすめします。


背中の痛みが起きる理由


背中に痛みが出るのは、以下のような理由が挙げられます。


◆むち打ち


むち打ちは、体に強い衝撃を受けたことで首が可動域を超える動きをすることになり、関節や筋肉に傷がついてしまった状態です。

むち打ちが発症する原因のほとんどは、交通事故によるものです。

「首の損傷がどうして背中の痛みと関係あるの?」と思われるかもしれませんが、首の骨は背中から腰にまで繋がっています。

同様に筋肉や神経も繋がっているため、首の筋肉が過剰に動かされて背中の筋肉まで引っ張られてしまい、歪みや痛みが生じるのです。

むち打ちから来る背中の症状は、痛みだけではありません。

背中のハリ感や腰から背中にかけての重みを感じる人も多いです。


◆打撲


打撲は、外から強い衝撃を受けたことで皮膚の内側が損傷する出血や皮膚の損傷を伴わないケガのことです。

自転車やバイクに乗っていて交通事故に遭い、背中から地面に叩きつけられたような場合は打撲が発症する可能性が高いです。

打撲は、外見的には出血しないので軽く見られることもあります。

しかし、皮膚の内側で出血を起こしているため血管や神経を圧迫している可能性もあるのです。

背中など広範囲にわたる重度の打撲を放置すると、長時間にわたって血流が滞る恐れがあり、麻痺や神経異常が現れることもあります。

また、動かすだけで激しい痛みが発生する場合は、骨に異常があることも考えられるため早急に医療機関で検査を受ける必要があります。


◆筋肉の緊張


交通事故のような精神的に強いショックを受けた場合、体に力が入り筋肉が緊張します。

状況が落ち着いて、筋肉の緊張もほぐれれば良いのですが一度緊張した身体はなかなか元に戻りにくいのです。

長時間緊張状態が続くと、筋肉疲労が蓄積して痛みが発生します。

マッサージや温熱療法で筋肉の緊張をほぐしてあげることが効果的です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ