わかば接骨院通信

2017年10月10日 火曜日

季節別交通事故の特徴と事故防止について 大府市のわかば接骨院

交通事故の原因は多種多様


交通事故は年間を通して日本中、世界中で起きています。

交通事故は、時間帯・天候・道路状況・運転手の健康状態などさまざまな要因が絡み合って発生します。

さらに季節によって交通事故が起きやすい環境や事故の原因は変わります。

今回は、季節ごとの交通事故発生原因と対策についてご紹介します。


季節別交通事故の発生原因


◆春


春は、仕事や学校生活がガラッと変わる季節ですよね。

環境が変わり、慣れない道を移動する機会が増えます。

不慣れな場所を移動する人が増えるため、焦ったり精神的に落ち着きがなくなって、些細な運転ミスが発生しやすくなるのです。

また、春は強い風や竜巻が発生することも増えるので、風にハンドルをとられてしまう事もあります。

新しい環境に慣れるまでは、緊張感を持って周囲の状況に対応できるようにしておきましょう。


◆夏


夏は、子供が被害者になる交通事故が増えます。

7月後半から、子供が夏休みに入るので日中も外に出て子供達が遊ぶようになるのです。

そのため、この時期は交通事故発生件数も増大します。

さらに、夏は日も長くなるので夜遅くまで外に出ている人が多くなり、事故に遭う可能性も高まります。

夏は開放感を感じやすい季節でもあるため、いつも以上にスピードを出す車や運転が荒々しくなることもあるのです。

加えて暑さのせいで疲労が溜まり、体調を崩した状態で集中力を欠いた運転をする人が増えるもの夏の交通事故の一因です。

夏は子供が増えるという事を念頭に置いて、突然の飛び出しなど子供特有の行動に注意してくだ


◆秋


秋は、夕暮れ時に交通事故が起こりやすくなります。

なぜなら秋の初めごろは、日が暮れ始めてから真っ暗になるまでの時間が極端に短くなる時期だからです。

短時間で暗くなっていくため、目が明るさの変化に対応できず、歩行者の動きや周りの車に気付けずに事故が発生します。

そもそも夕暮れ時は、一日の時間帯で見ても最も交通事故の発生件数が多い時間帯であり、運転に注意が必要なのです。

この時期の事故を防ぐためには、「日が落ちてきたな。」と思ったら早めにヘッドライトを点灯することです。


◆冬


冬は、一年で最も交通事故発生件数が増える時期です。

仕事納めなどの関係もあり、交通量が増えて焦る人も多く運転が荒っぽくなるので事故の危険性が高くなるのです。

年末年始は、里帰りする人が増えて慣れない道を運転し事故につながることもあります。

また、路面の凍結や降雪によって車がスリップし、死亡事故が増えます。

雪が多い地域では、早めにスタッドレスタイヤに交換し、天候が不安定な日はできるだけ運転を避けることをおすすめします。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ