わかば接骨院通信

2017年11月28日 火曜日

交通事故におけるけがと痛みの種類 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故後に起きる痛み


痛みは、体の一部に何か問題が起きた時に体を守るために備わった人間の防衛機能のひとつです。

痛みがでるのは、病気になった時やスポーツや事故、日常生活でけがをした時ですよね

痛みが無ければ、けがをしていることにも病気になっていることにも気づけず、治療が遅れてしまいます。

つまり、痛みは生命を維持するために必要な感覚なのです。

交通事故後に体に違和感や痛みを感じた場合、事故のショックが原因で痛みが起きている可能性が高いです。


痛みの種類について


痛みには大きく分けて以下の3つの種類があります。


●炎症による痛み


年齢や性別に関係なく多くの人が一生のうちで何度も経験する痛みがこの炎症による痛みです。

例えば、皮膚の一部を切って流血したり、体をぶつけて腫れ上がったりした場合その部分が炎症を起こします。

炎症が起きると痛みを起こす物質であるプロスタグランジンやロイコトリエンが作られて脳に働きかけます。

また、細胞から痛みを増強させるセロトニンなども分泌されるためさらに痛みは強くなります。

特に炎症に伴う痛みは、痛みの度合いが強く持続時間が短いのが特徴です。

体の回復機能と治療によって炎症が収まれば、痛みは消失していきます。


●神経が刺激される痛み


何らかの理由で神経が刺激されることによって発生する痛みです。

人間の体は神経と骨、筋肉が密接に絡み合って構成されています。

むち打ちなどで、神経を損傷したり椎間板ヘルニアのように飛び出した椎間板の一部が神経をあっぱくするなどしていると痛みが出ます。

脳卒中や脊髄損傷による神経障害が痛みを引き起こすこともあります。

神経がかかわる痛みは、普通のけがのように目に見えないことが多いので原因が特定しづらく治療が遅れてしまうことがあるのが特徴です。


●精神的な要因による痛み


精神的なストレスや不安感が痛みの原因となっているケースです。

特に、交通事故のようなショックの大きい出来事に遭遇した場合、体だけでなく精神にもたいへん大きな負担がかかります。

また、不安感や心配事が多い毎日を過ごしていると、体に無駄な力が入り筋肉の緊張や硬化を招きます。

それが原因で体に疲労物質が蓄積し、痛みが発生します。

このような心因性の痛みは、原因の特定が難しく他の要因と関与して発症していることも少なくないため、一度専門医に相談することをお勧めします。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ