わかば接骨院通信

2017年11月17日 金曜日

事故の後に膝が痛む理由 東海市の交通事故治療は当院へ

事故後に膝が痛む場合


膝は体重のほとんどを支えている重要な部分です。

膝関節の曲げ伸ばしによって、体を自由に動かすことが可能になります。

交通事故の後に、膝の痛みや違和感を訴える人は少なくありません。

膝は加齢や使い過ぎ、スポーツなどが原因で痛みが出ることもあるので、交通事故との因果関係を証明するのが難しい部分もあります。

膝に直接衝撃が加わり、腫れや皮膚の変色、流血が見られれば一目でケガをしていると分かりますが、膝の痛みは外見的に何の変化も見られないにも関わらず発症する可能性があるのです。

交通事故後に見られる膝の症状としては、


・階段の上り下りの際に膝が痛む


・椅子から立ち上がる瞬間に痛みが出る


・体が冷えると痛みが増す



といったものが挙げられます。

膝の痛みは放置すると慢性化しやすく、年齢を重ねるとどんどん痛みが増していく傾向にあります。


交通事故で起こりやすい膝痛


●膝の脱臼


交通事故に遭遇し、膝に無理な力が加わったり、急激な捻りが加わるような動きをすると膝蓋骨が正面から外側にずれてしまいます。

これがいわゆる膝が脱臼している状態であり、交通事故をはじめ激しいスポーツ中などに起こることもあります。

脱臼すると普通に歩くことが難しくなります。

軽い脱臼であれば、しばらくすると膝蓋骨が自然に元の場所に戻る可能性も高いのですが、程度によっては手術が必要になることもあります。


●膝の捻挫


膝の靭帯が損傷すると、曲げる時や体重をかけたときに痛みが出ます。

捻挫は、レントゲンなどの画像診断で判断することができないので軽く見られて処置が遅れがちです。

放置すると後遺症が残ることもあるので注意しましょう。


●骨盤の歪み


膝の痛みは必ずしも膝から発生するわけではありません。

実は、骨盤や背中の骨の歪みが膝痛発症の元凶となっている可能性があるのです。

骨盤や背骨が歪んでいると、重心が安定せず片方の足だけに体重の負荷がかかるようになります。

健康な身体の人は、左右の膝で体重を分散することで、負荷が片方に乗ることを防ぎます。

しかし、身体に歪みがあると知らず知らずのうちに膝に負担がかかるような歩き方・動作をすることになり、痛みが発生しやすくなります。

歪みを放置すると、歪みの具合はどんどん進行し、それに伴って膝の痛みも増大していきます。

骨盤や背骨の歪みが原因で発症している膝痛は、根本的な原因である身体の歪みをなおさない限り何度でも再発します。

交通事故で身体に強い衝撃が加わり、それによって体の一部が歪んでしまうこともあります。

この場合、歪みを矯正する治療をして崩れた体のバランスを取ることが、膝痛の治療に繋がります。


わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。


投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ