わかば接骨院通信

2017年12月 5日 火曜日

交通事故での後遺障害認定に関して 大府市のわかば接骨院

後遺障害認定とは


交通事故における後遺障害とは、事故で負ったケガを治療したにもかかわらず完治させることができず、何らかの症状が残ってしまった状態のことです。

後遺障害が残った場合、後遺障害によって受ける精神的苦痛に対して後遺障害慰謝料を請求することができます。

慰謝料を請求するためには、後遺障害認定を受ける必要があります。

今回は、後遺障害認定を受ける方法についてご説明します。


後遺障害認定の事前認定


後遺障害認定を受ける方法は、「事前認定」と「被害者請求」があります。

事前認定は、加害者が加入している任意保険会社に被害者が必要な書類を提出して、その後の処理は保険会社に任せるという方法です。

被害者が用意しなければいけない書類は、基本的にケガの治療を担当した医師の後遺障害診断書です。

普通の後遺障害認定では、被害者が交通事故証明書や事故発生状況報告書といったさまざまな書類を準備して提出しなければいけません。

しかし、事前認定ならば後遺障害診断書以外の書類はすべて保険会社が準備してくれるというメリットがあります。

また、事前認定では損害賠償が一括で支払われるので、何度も申請する手間が省けて効率が良いのです。

一方で加害者側の任意保険会社は、損害賠償額を増やすことに消極的なことが多いため、後遺障害認定が適切に行われない可能性があります。

被害者は一度書類を提出してしまったら、その先の手続きはすべて保険会社に一任することになります。

そのため、どのような資料が集められて、どの程度申請が進んでいるのかを把握することができないという問題もあります。

認定が終わった後に、被害者が望んだような結果が得られず、トラブルになることもあります。


後遺障害認定の被害者請求


後遺障害認定の被害者請求とは、被害者本人が後遺障害認定に必要な資料を全て集めて保険会社に直接後遺障害認定を申請する方法です。

被害者自身が後遺障害認定書、事故発生報告書、MRIなどの画像診断書を集めなければいけません。

そのため、時間と手間がかかり、書類を集めるためにお金が必要になるという問題があります。

そのぶん、被害者自身が自ら資料を集め、申請を行うので納得のいく等級が得られやすいという特徴があります。

交通事故のケガは、事故との因果関係の証明や診断が難しい場合も多く、後々結果に不満が残ることが無いように被害者請求を選択する方が良いケースも多いです。

事前認定と被害者請求は、それぞれにメリットとデメリットがあります。

どちらが自分にとって良い結果となりそうかをよく検討して、どちらかを選びましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ