わかば接骨院通信

2018年2月 6日 火曜日

むちうちで腰痛や膝の痛みを感じる? 大府市のわかば接骨院

いつもご覧いただきありがとうございます。

院長の須崎です。


むちうちの症状は首だけではありません


むちうち・・・交通事故や激しいスポーツをしている時に、体やその他の部分が前後左右から衝撃を受けた時に、首が可動域を超えてムチのようにしなり、靭帯や筋肉、腱などに外傷が残ることを指します。

むちうちの経験がない人は、首が痛いから固定するためにコルセットをしているのだろうという程度の認識かもしれませんが、実際にむちうちになった人にとっては全く違います。

首にコルセットをしているのは、事故に遭った直後のことであり、むちうちで悩まされるようになるのはその後の方が断然多いです。

いずれカサブタになって治る怪我や、ギプスで固定しているような骨折とは違い、症状が外見では判断されにくいために「無気力」と心無い言葉をかけられることもあり、精神的にも思い悩むことが多いものです。


むちうちで腰痛や膝痛を感じることはある?


むちうち=首の痛みとは限らない、ではどこに症状が出るのでしょうか?

それは人によって違っており、打ちどころや損傷した場所だけではなく、治療中の姿勢、もともとの姿勢、睡眠時の寝方、足の形、首の長さ、腕の可動域、普段の運動量など、様々な要素が組み合わさって治りにくい人や何の症状も残らない人などに分かれます。

首を通っている神経が近いことから、耳鳴りがする、手や腕がしびれる、脳に血液が回らずに貧血になりやすいなどは想像できるかもしれません。

ではむちうちと腰痛・膝痛は関係しているのでしょうか?



腰痛や膝痛は体からのSOS


腰や膝の痛みは、加齢にともないある程度は仕方ないものと認識されている方も多いと思いますが、そのほとんどは無理な姿勢による周辺の筋肉疲労が原因です。

猫背やがに股、O脚や反り腰など、体が本来の自然な姿勢からバランスを崩した無理のある体勢でいる時間が長くなると、体重を支えるために腰や膝などの要所がオーバーフローするようになります。

そのような腰痛や膝痛を、実はむちうちが原因で感じることもあります。

むちうちになってから首の可動域が変わり、周辺の筋肉や腱、靭帯などが正常に機能しなくなり元の姿勢を保てなくなると、人間は視野を確保するために本能で別の部分を使って補い始めます。

このようにむちうちは、首周辺に起こる不具合だけではなく、全身のバランスを整えておかないと思わぬ場所に弊害が生まれるケースもあるのです。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ