わかば接骨院通信

2018年2月27日 火曜日

雪が降った際の危険と交通事故について 東海市のむち打ち治療は当院へ

雪道の車の危険


車を運転する人が最も運転したくないと思うのが雪道や凍った道での運転ではないでしょうか?

四季がはっきりしている日本では、冬になるとこのような道路に遭遇する可能性が高くなります。

雪道が危険な理由は、凍った道路上でスケートのようにタイヤが滑ってしまうからです。

これを「スリップ」といいますが、スリップは走っている時よりもブレーキをかけた時が危険です。

車は一度スリップすると、ハンドル操作も効かず他の車に衝突する危険やガードレールやお店に突っ込む可能性があります。

そうなると本人の生命に危険が及ぶのはもちろん、大勢の人を巻き込んだ大事故になることも考えられます。

雪が降った道はどこでもスリップのリスクはありますが、特に注意したいのが「ブラックアイスバーン」と呼ばれる道です。

雪が降ったばかりの道は踏むとサクサクという音がしますが、何台もの車が通った後の道は固くツルツルに磨かれてとても滑りやすくなります。

ブラックアイスバーンは、一見何も問題なく走行できるように見えますが実際はツルツルになっているというわけです。

このような道路を走行する時は、できるだけ急発進・急ブレーキを避けて徐行運転をするようにしましょう。


雪道の歩行者の危険


雪道は、歩行者が交通事故に遭うリスクも高くなります。

歩道も道路も非常に滑りやすくなっているので、歩行中に急に転倒して道路に飛び出してしまうといった危険があるのです。

雪道を歩く時は、小さめの歩幅にして足の裏全体を地面に着けるようにして歩くと滑りにくくなります。

また、周囲の状況にも気を配り車や自転車が近くにいる時はいったんストップするといった対応も必要です。

女性はハイヒールやパンプス、滑りやすいソールの靴は避けて滑りにくい加工がされた長靴を履いた方がより安全です。

さらに、転倒に備えて手袋を着用し帽子をかぶってケガを未然に防ぐ工夫をしましょう。


雪道の自転車の危険


自転車は、雪道を走るのに非常に危険なので出来れば雪が降ったら自転車には乗らないことをおすすめします。

なぜなら、自転車は車よりもタイヤの設置面積が少なく不安定な乗り物なので、少しでもバランスが崩れると簡単に転倒してしまいます。

歩行者よりもスピードが出る為、転倒した際に大けがをする可能性が高いです。

どうしても凍った道を自転車で運転しなければいけない場合は、スピードを出し過ぎずアイスバーンを避けて走行するようにしましょう。

自転車のタイヤに使用できる滑り止めスプレーも市販されているので、冬になったらそのような雪対策グッズを活用するのも一つの方法です。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ