わかば接骨院通信

2018年3月20日 火曜日

交通事故の自覚症状と病院について 東海市の交通事故治療は当院へ

交通事故での自覚症状の有無


交通事故に遭った直後は、痛みなどの自覚症状が見られないことも多くあります。

自覚症状がある場合は、痛みや違和感が出ている場所がどこなのか本人がはっきり分かっているので、病院を受診した際も診断がスムーズに進みやすいです。

しかし、怪我をしているにもかかわらず自覚症状が無い場合は、症状が出ている部位や度合いを伝えることが難しくなります。

また、交通事故では自覚症状が無いからと言ってケガの程度が軽いとは限りません。

本人は元気に話すことができたり動けるとしても、実は体に大きな怪我を負っている恐れがあるのです。

交通事故に遭ったら原則として病院で検査を受けるようにしましょう。

さらに、交通事故の特徴として事故発生からかなりの時間が経過して自覚症状が現れてくる場合があります。

事故から時間が経過していると、交通事故による症状なのかどうかが分からなくなる場合もありますが、専門家に相談すれば原因をはっきりさせることができます。


注意すべき自覚症状


交通事故後の症状で特に注意しなければいけないポイントを以下にご紹介します。


◆頭が痛い


頭痛は命に関わる恐れがある症状のひとつです。

交通事故で頭を激しく打ち付けたら脳の一部が傷ついている可能性もあります。

脳に異常が起こると、手足の痺れなどの神経障害や、記憶障害、めまいといった症状も発生します。

頭痛を放置すると脳梗塞やくも膜下出血で倒れる可能性も否めません。

まずは脳に異常が起きていないか調べるために、病院で精密検査を受ける事が最優先です。


◆首の痛み


首周辺には、全身に影響を及ぼす神経や筋肉が集まっています。

交通事故による首の損傷で最も多いのが「むちうち」ですが、重度のむちうちになるとめまいや吐き気、頭痛といった辛い症状に悩まされることになります。

むちうちは、自覚症状が現れるのが遅いケースもあり、治療の開始が遅れる可能性も少なくありません。

なかには、首に何の症状も無く痺れや頭痛といった症状だけが現れるタイプのむちうちもあるので、診断が難しくなります。

交通事故の後に、今までとは異なるおかしな自覚症状が現れたらできるだけ早く信頼できる医療機関に相談に行きましょう。

たとえ交通事故発生から期間が空いていたとしても、症状の原因が交通事故だと証明できれば保険がおりますし、慰謝料にも加算されることになるのでしっかりと治療することをおすすめします。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ