わかば接骨院通信

2018年3月16日 金曜日

交通事故後の処理に関する注意点 大府市のわかば接骨院

事故との因果関係を証明する


交通事故で大けがをした場合、その場で病院に直行することになるので交通事故とケガの因果関係は明らかですよね。

しかし、軽いケガの場合は病院に行くのを先延ばしにしてしまい、症状と事故との因果関係を証明するのが難しくなる可能性があります。

交通事故のケガの治療費は基本的に損害賠償請求によって保険会社から支払われますが、そのためには医師が書いた診断書が必ず必要になります。

症状が軽いという理由から、医療機関に行くことをためらったり、期間を空けてから医療機関に行くと専門家でも事故との関係を証明しづらくなってしまいます。

いちばん良いのは、症状が軽くても事故から期間を空けずに医療機関を受診することです。

目安として、事故発生から2週間以上経過すると証明書の発行に時間がかかったり、因果関係を証明できなくなる可能性があるという事を頭に入れて置きましょう。


領収書はしっかりと管理


治療費の損害賠償請求をするために、治療にかかった費用は1円単位まできちんと管理しておく必要があります。

医療機関でもらった領収書はしっかり保管し、損害賠償請求の際に保険会社に提出しましょう。

なお、通院にかかった交通費も請求ができるのでタクシーや電車を利用した際に領収書をもらうことを忘れてはいけません。

交通事故の後に発生した金銭に関する領収書は、すべて取っておくことが正当な損害賠償額を受け取り、トラブルを避けることにも繋がります。


治療は途中でやめない


治療中に症状が無くなるもしくは軽くなったからと言って、自己判断で通院を止めてしまうのは絶対にやめてください。

交通事故のケガは、完治の状態になるか症状固定になるまで治療を続けることが大切です。

完治したケースであれば、治療費用の全て請求が可能です。

さらに症状の改善が現状以上見込めない、症状固定になったケースでは、"後遺障害認定"が受けられるようになり、後遺障害に対する慰謝料の請求も可能になります。

途中で治療を中断してしまうと、その後また症状が復活して通院を開始しても治療費が支払われなくなります。

後遺障害が残っていても、治療を中断したために慰謝料が減額されたり後遺障害認定を受けられなくなってしまうのです。

上記のようなトラブルにならないためにも、交通事故治療に慣れている医療機関を選択しましょう。

治療計画や通院の頻度などを相談しながら治療を進めていけると、通院のストレスを減らすことができます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ