わかば接骨院通信

2018年4月20日 金曜日

交通事故後の通院と病院について 東海市の交通事故治療は当院へ

医療機関を受診する



交通事故に遭ったらたとえ自覚症状がわずかでも基本的には病院へ行くのが原則です。

これは、我慢して病院に行かずに後々ケガが悪化するのを防ぐという目的の他に賠償請求の段階でトラブルが発生するのを予防するためでもあります。

交通事故直後に医療機関で受診すれば、その症状の原因は交通事故であることは明らかです。

しかし、事故発生から数時間~数日が経過してから医療機関を受診しても本当に交通事故が原因で症状が出ているのかどうかがはっきりしない可能性があるのです。

すると、正当な治療費や慰謝料が受け取れなくなり、結果的にケガをした本人の負担が大きくなってしまうのです。

損害賠償請求には、担当した医師の診断書が必要不可欠となるのでその点も考慮に入れて早めに病院へ行ってください。



医療機関を変えることについて



交通事故のケガは、治療やリハビリテーションに時間がかかります。

何度も医療機関に足を運んでも思ったように症状が治らず、不満を感じる患者さんも少なくありません。

なかには、治療を進めていくうちに先生や病院への信頼感を失って別の病院へ変わろうとする人もいます。

一度だけの転院ならまだしも、なんども病院を変えるのは正しい診断ができなくなるのでお勧めできません。

基本的にはひとりの先生に最初から最後までしっかり見てもらうことが大切です。

もしも治療方針に不満や疑問があるなら、黙って悶々としているのではなく、聞きたいことをしっかりと聞いてみましょう。

その時の対応で親身になって相談に乗ってくれるようであればその先生は信頼できますし、逆にあまり話を聞いてくれなかったりないがしろに対応されたら、別の病院へ行くことを検討してください。



通院で気を付けたいこと



◆通院期間を空けすぎない



症状がおさまって来ると病院に行くのが億劫になり、だんだん病院から足が遠のいていきます。

しかし、病院側から「来てください」。言われている間はきちんと通院してください

途中でいったん治療を中断し、また再開しても再開するまでの治療費しか受け取ることができない恐れがあるのです。



◆通い続けられるか


ケガをしている中で何度も通わなければいけないので、自宅から遠かったりアクセスが悪い場所の病院は避けましょう。

通院そのもののストレスになってしまうと、治療も前向きに行うことができません。

最初に治療を受けた病院が自宅から通うのに不向きだと判断した場合には、その病院の先生と相談の上、別の医療機関を探してみましょう。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ