わかば接骨院通信

2018年5月 1日 火曜日

頚椎捻挫による腰痛と接骨院 大府市の交通事故治療はわかば接骨院へ

交通事故による捻挫


交通事故が起こった場合に多い外傷の一つとして、不自然な方向に関節が捻じれる捻挫が挙げられます。

捻挫は靭帯・腱・軟骨などに傷ができることから、その患部の周りが腫れて熱を持ち、痛みを伴います。

軽度であれば靭帯が伸びて戻った状態から、痛みはあるが日常生活を送るには差し障りがない程度でおさまります。

中度になると、完全には断裂していないものの、靭帯の一部に傷がついたり切れたりしている状態で、安静にしていないと悪化する危険性があります。

重度の捻挫は靭帯が完全に断裂しており、手術等の処置が必要となり、かなりの激痛を伴います。
靭帯が断裂している状態では、関節が安定していないので患部に力が入らない、動かせないなどすぐにわかる症状としてあらわれます。



頚椎捻挫と腰痛


事故に遭い、頚椎の関節で捻挫を起こすことはよくあります。

なぜなら事故というのは予測不可能であり、ほとんどの事故において体が即座に反応できることなどは不可能ですから、どうしても不自然な方向に関節が捻じれるということが起こります。

これは加害者、被害者どちらにも言えることです。

その中でも頚椎=首の関節は元来が他の部位よりも安定するように太い靭帯や腱などが存在していますから、一度損傷するとその回復にかかる時間も他の場所より長くかかると言われているデリケートな場所です。

そして頚椎捻挫が完治する・しないに関係なく起こりやすいのが腰痛で頚椎の損傷から正しい姿勢を取れなくなったことにより他の場所に痛みが出るようになるというのが主な原因です。

頭という大変重たいものを支えていた首が100%の役割を果たすことができない間に、その重さを肩や腰などに分散させようと体が自然にかばうようになるため慢性的な疲れが出ます。



接骨院では腰痛をどのように改善するのか


外傷を専門機関で治療した後、完治しているにも関わらず痛みが残るということはよく起こります。

この場合、痛み止めなどを処方してもらいマッサージやストレッチ、リハビリなどを続けるのも方法の一つではありますが、事故の治療期間に歪んでしまった姿勢を元に戻すという段階を忘れてはなりません。

姿勢が不自然になれば、その骨格を支えるために筋肉の使い方も変わり、不自然な筋肉の使い方をしていればやがて疲労が蓄積されるからです。

接骨院では、その歪んでしまった骨格や筋肉を調整して事故に遭う前の体に戻すということを提案していきます。

わかば接骨院では交通事故専門士による治療と無料相談も行っております。

交通事故治療についての詳細はこちらをご覧ください。

投稿者 わかば接骨院

カレンダー

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセス


大きな地図で見る

■住所
〒474-0074
愛知県大府市共栄町9-3-3  ディアコートすず1F

■診療時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■電話受付時間
8:30~12:00 / 15:30~20:00
※土曜午前は8:30~14:00

■休診日
土曜午後・日曜・祝日

詳しくはこちら
お問い合わせ